水草水槽にオススメの小型熱帯魚|値段や大きさはどのくらい?

熱帯魚|淡水魚

熱帯魚と小型熱帯魚はアクアリウムで定番の組み合わせで、アクアリウムの原点といってもいいんじゃないんでしょうか。

今回は、水草水槽に入れるおすすめの小型熱帯魚とシュリンプを紹介します!

生体をなにも入れないよりも、シュリンプなどのコケを食べてくれる生体を入れた方が水槽も綺麗になって行きますし、なによりツマツマしている姿は可愛いです!

スポンサーリンク

おすすめの小型熱帯魚

カラシン・テトラ系

名前アカヒレ
最大全長3-4cm
価格-80円
水温10度-27度 (ヒーターなし可)
水質弱酸性-弱アルカリ性
人工飼料、赤虫など
コメント低温や酸欠、水質に強く初心者の方でも飼育は容易です。性格は温和で色々種類の魚との混泳に適しています。また、低温に強く屋内であれば、ヒーターなしでの飼育も可能です。
名前ゴールデン・アカヒレ
最大全長3-4cm
価格-90円
水温10度-27度 (ヒーターなし可)
水質弱酸性-弱アルカリ性
人工飼料、赤虫など
コメントアカヒレの突然変異種を固定化したのが、ゴールデンアカヒレです。アカヒレ同様に、水質に強く初心者の方でも飼育は容易です。性質は温和で色々種類の魚との混泳に適しています。また、低温に強く屋内であれば、ヒーターなしでの飼育も可能です。
名前ネオンテトラ
最大全長3-4cm
価格-80円
水温20度-28度
水質弱酸性-中性
人工飼料、赤虫など
コメント小型熱帯魚入門として有名な魚です。鮮やかな青と赤色が綺麗な魚です。また、アカヒレ同様に安価なので、初心者の方にもおすすめできる魚!水質にも強く、性質も温和でよく群れるため、群泳させるためにまとまった数を飼育するのがおすすめです。
名前ブラックネオンテトラ
最大全長3-4cm
価格-70円
水温20度-27度
水質弱酸性-中性
人工飼料、赤虫など
コメントネオンテトラと同じく見た目が美しく非常に安価なため入門種として有名な魚です。ネオンテトラの赤色を黒色にしたような品種です。ネオンテトラ同様性格は温和で水質にも強いので飼育は容易です。
名前カージナルテトラ
最大全長3-4cm
価格-100円
水温20度-28度
水質弱酸性-中性
人工飼料、赤虫など
コメントネオンテトラに似ている魚ですが、腹部の赤のラインが頭まで入るのがカージナルテトラです。ネオンテトラと比べるとデリケートですが、水質に弱い種ではありません。性質は温和で、小型カラシンやコリドラスなどとの相性が良いです。

コリドラス系

名前コリドラス・パンダ
最大全長4-5cm
価格-200円
水温22度-27度
水質弱酸性-中性
人工飼料、赤虫など
コメント名前の通りパンダのような見た目のコリドラスです。幼魚期は大きな水質の変化に弱いため、水合わせは点滴法を使って慎重に水合わせしましょう。人気な種類です。性質は温和で混泳に適しています。
名前コリドラス・トリリネアータス
最大全長4-5cm
価格-500円
水温22度-27度
水質弱酸性-中性
人工飼料、赤虫など
コメント白い体色に黒い模様が特徴的。成魚は水質の変化にそこまで敏感ではないですが、幼魚期は水質に敏感なので水合わせなどで注意が必要です。性質は温和で混泳に向いています。
名前コリドラス・エレガンス
最大全長4-5cm
価格-800円
水温22度-27度
水質弱酸性-中性
人工飼料、赤虫など
コメント他の体高が高いコリドラスと比べて低い体高が特徴的なコリドラスです。産地によって個体差があることが多いようです。性質は温和で水質にも強く混泳に適してます。
名前コリドラス・ステルバイ
最大全長5-6cm
価格-900円
水温22度-27度
水質弱酸性-弱アルカリ性
人工飼料、赤虫など
コメント 胸ヒレのオレンジ色と、黒色と白色のスポットが入り、水槽内で非常に目立ち存在感があります。人気な種類です。水質にも強く性質も温和で混泳に適している。

グラミー系

名前ピグミー・グラミー
最大全長3-4cm
価格-300円
水温20度-25度
水質弱酸性-中性
人工飼料、赤虫など
コメント他の種と同様に水質に対して適応が広く飼育しやすい種類です。オスはヒレの端が赤くなります。性質は基本的に温和ですが、スマトラ系との混泳は避けることをおすすめします。
名前 ゴールデンハニー・ドワーフグラミー
最大全長3-4cm
価格-500円
水温20度-28度
水質弱酸性-中性
人工飼料、赤虫など
コメント ハニードワーフグラミーの改良品種です。全身がゴールデンタイプの色をしていて、とても色鮮やかです。同種での混泳は小競り合いしたりすることがあります。基本的には温和なので、数を多めに飼育することで縄張り意識が弱くなり混泳がしやすくなります。
名前リコリス・グラミー
最大全長4cm
価格-900円
水温20度-25度
水質弱酸性
人工飼料、赤虫など
コメント 小型で美しいため、非常に人気の種類です。細長いフォルム、そしてヒレが青色に発光した姿は色鮮やかで美しいです。飼育は少し難しく、弱酸性の軟水での飼育が適しています。性質は臆病なので単独飼育か、温和な種との混泳がおすすめ。

ヌマエビ・シュリンプ系

名前ミナミヌマエビ
最大全長3cm
価格-20円
水温10度-28度(ヒーターなし可)
水質弱酸性-弱アルカリ性
人工飼料、赤虫など
コメント 生餌や釣り餌などによく使われるミナミヌマエビですが、コケや餌の残りをよく食べてくれるため水草水槽と非常に相性がいいです。飼育環境によっては体色に赤色や青色などの色がついてくる場合もあり、品種改良で色が固定化されたものもいます。
名前レッドチェリーシュリンプ
最大全長3cm
価格-70円
水温15度-27度
水質弱酸性-中性
人工飼料、赤虫など
コメント ミナミヌマエビと近縁のヌマエビです。このチェリーシュリンプは他にも更に色が濃い赤色、青色、黄色、オレンジ色、白色など、カラフルなものが多いです。ミナミヌマエビ同様に苔や餌の食べ残しを食べてくれるので、掃除屋としても役に立ちます。
名前ベルベットダークブルーシュリンプ
最大全長4cm
価格-300円
水温20度-25度
水質弱酸性-弱アルカリ性
人工飼料、赤虫など
コメント ルリーシュリンプの品種改良種で、黒に近い青色の体色に、ルリーシュリンプ系の品種と同様に黒い模様を持つ綺麗な品種です。シュリンプ系すべてに言えることですが繁殖は容易で、他のシュリンプよりも大きくなるヤマトヌマエビとの混泳は避けた方がいいです。

まとめ

今回紹介した水草水槽におすすめの熱帯魚は、初心者の方でも飼育しやすい種類を選んで紹介しています。

紹介した熱帯魚以外にも何百種類という種類の美しい熱帯魚がいます。

特にシュリンプは水草や水槽に生えてしまったコケや餌の食べ残しをよく食べてくれるため、水草水槽に非常に相性がいいので是非考えてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
熱帯魚|淡水魚
Petrear