アクリル水槽とガラス水槽の違いは?|メリットとデメリット

アクアリウム情報

アクアリウムを始めるには必須の水槽ですが、アクリル水槽とガラス水槽があるのでどちらかを選択することになると思います。

アクリルにはアクリルの良さ、ガラスにはガラスの良さがありますので、後で後悔しないようによく考えてから選びましょう!

スポンサーリンク

ガラス水槽のメリット・デメリット

メリット

ガラス水槽のメリットは、なんといっても水槽の透明度が高いことです。

他にも傷がつきずらい、劣化しずらい、熱に強いなど、といったメリットがあります。

デメリット

ガラス水槽の最大のデメリットは、衝撃に弱いということです。

傷には強いガラス水槽ですが、アクリル水槽に比べると非常に割れやすいです。

その他には、重量がアクリル水槽に比べると重いことが上げられます。

ガラス水槽はアクリルに比べると、およそ2倍の重量があります。

アクリル水槽のメリット・デメリット

メリット

アクリル水槽のメリットですが、ガラス水槽とは反転して衝撃に強いです。

そして次に、ガラス水槽に比べるとアクリル水槽は非常に軽いです。

ガラス水槽の約2分の1の重さなので、大型水槽でも比較的簡単に移動させることができます。

ちなみに水族館に設置されてる水槽は、殆どがアクリル水槽です。

デメリット

アクリル水槽のデメリットは、アクリル水槽は衝撃には強いのですが、傷がつきやすいことです。

底砂などでも傷がついたりしたりするので、気を付けたいところです。

またガラス水槽は熱に強いですが、アクリル水槽は熱で変形したり燃えますので注意が必要です。

ガラス水槽とアクリル水槽の値段

ガラス水槽とアクリル水槽の値段、気になりますよね。

基本的に90cm以下の小型水槽はガラス水槽の方が圧倒的に値段が安く、アクリル水槽は値段が高いです。

120cm以上の大型水槽になると、値段が逆転してアクリル水槽が値段が安く、ガラス水槽の方が値段が高くなります。

まとめ

水槽の選び方ですが、やはり飼育する魚の種類によります。

プレコなどの水槽の壁面をなめるような魚を飼育する場合は傷に強いガラス水槽選び、大型スネークヘッドやアロワナなどのパワーがある魚を飼育する場合は、衝撃に強いアクリル水槽を選びましょう。

中古品は劣化していたりするので、きちんと大丈夫かチェックしている信用できるところから購入しましょう!

今までのイメージでガラス水槽が高い、アクリル水槽が安いというイメージを持っていたのですが、アクリル水槽が安いのは大型水槽だけって最初に知ったときはびっくりしました。

180cmのガラス水槽と180cmのアクリル水槽を両方使っていたことがありますが、もうガラス水槽はめちゃくちゃ重くて大人4人がかりで運んでいましたよ。

それに事故などで、もしも割れてしまったら大変ですので、大型の熱帯魚やパワーのある生物を入れる場合は、絶対アクリル水槽がおすすめです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
アクアリウム情報
Petrear