【初心者向け】金魚の飼い方|飼育に必要な飼育用品は?

熱帯魚|淡水魚

金魚ゲットォォォ!…失礼(恥)

お祭りと言ったら金魚すくいではないでしょうか?

金魚すくいの金魚は死にやすいと言われていますが、それはキチンと飼育できていないからです。

そんなこといいはりますけどぉ、飼い方がわかりはりまへん…

そんな貴方に金魚の飼育に必要な道具から飼育方法まで、初めての方にでもわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

金魚の飼育に必要な物

最初に金魚を飼育する時に必要になるものを紹介します。

水槽


まずは金魚の家である水槽が必要です。

水槽のサイズは飼育する金魚の数にとって変化しますが、大きな水槽ほど水量も多く入るため水質の安定につながります。

金魚を飼育するものがすべてセットになって販売している商品もありますので初めての方はそちらを購入してもいいでしょう。

カルキ抜き


水道水には、金魚にとって有害な成分が含まれていてカルキ抜きをしていない水で金魚を飼育すると体調を崩したり、最悪死んでしまいます。

水を1日天日干しにすればカルキ抜き無しでも有害な成分は消えますが時間がかかるのでカルキ抜きの購入をオススメします。

エアレーション・フィルター


金魚は水の中に溶け込んだ酸素を吸い込んで呼吸しているので水中に空気を送り込むエアレーションが必要不可欠です。

エアレーションにフィルターを取り付けることによって水の汚れを綺麗にしてくれる効果があり水質を綺麗に保つために必要になります。

フード(餌)


金魚専用の人工飼料が売っているのでそちらを購入しましょう。

金魚専用以外の物も食べますが、金魚にとって栄養バランスも整っているので金魚専用のものが好ましいです。

金魚の飼育にあったら便利な物

底砂


砂利などの底砂は見た目だけでなく、水草を植える際に必要になったりバクテリアなどの水の汚れを綺麗に分解してくれる微生物の住処となるため底砂はあるほうが好ましいです。

水草


水草のメリットは水槽が華やかなになることと隠れる場所ができるため金魚が落ち着きます。

照明器具


照明器具は金魚の鑑賞したい時に綺麗にライトアップすることができるので便利です。

他にも水草の成長の手助けをできますが照明器具がないからといって水草が枯れてしまうことはありません。(光合成が多く必要な種類は照明器具がないと枯れてしまう)

ヒーター


金魚は18度前後が適温と言われていて水温が1桁になると水槽の底でじっとしていることが多くなります。

寒い時期でも元気に泳いでいる姿が見たい人はヒーターを購入するといいですが、室内で飼育していればヒーターがないからといって死んでしまうことはありません。

金魚を水槽に入れる前の準備

水槽の設置場所を考える

水槽を設置する場所も大事で窓際などの太陽光が直接当たる場所に設置するとあっという間に水槽が苔だらけになってしまうので避けましょう。

直接床に置くことは足音が水槽内に響いて金魚が落ち着けなくなってしまうのである程度の高さがある場所に設置することが好まれます。

水槽を洗おう

新品の水槽には汚れがついている場合もあるので必ず軽く丸洗いしてください。

この時に洗剤などは絶対に使ってはいけません。

洗剤などの化学薬品は金魚にとっては死活問題ですので必ず水のみを使ってください。

水槽に必要な物を入れよう

水槽を洗ったら水道水とカルキ抜きを入れましょう。

底砂がある場合は水を入れる前に底砂を敷いて上からゆっくりと水を入れます。(※底砂は必ず水が濁らなくなるまで数回洗いましょう)

この時に砂が舞い上がると水が汚れてしまうので底砂の上にビニールなどを敷いてそこに水をゆっくりといれると砂が舞い上がらずに済みます。

終わりにエアレーションとフィルターをセットして下準備は終わりです。

金魚を水槽に入れる際の注意点

金魚を水槽に入れるときに注意することがあります。

それは水質の差です。

それまで金魚がいた水と水槽に入ってる水に水質の差がありすぎるとショックを起こして死んでしまうことがあります。

なので必ず水合わせが必要になります。

水合わせの仕方

まずは袋のまま水槽に30分位浮かべて水温を合わせます。

水温が合ったら袋を開いて少しずつ袋の中に水槽の水を入れていきます。(約1分)

後はそのまま水槽に袋の中の水ごと金魚を水槽に入れてあげてください。

これで水合わせは終わりです。

金魚の飼育方法

次に金魚を元気に飼育するにはどうしたらいいかをご説明します。

餌の与え方

水槽に入れた当日は緊張やストレスから餌を食べてくれない金魚が殆どです。(よほど空腹な場合は除く)

まずは環境に馴染んでもらうために1日様子を見て、餌は翌日以降から与えます。

餌は1日1~2回、2-3分以内に食べきれる量を与えてください。(この時には水槽を軽くトントンと叩いたり決まり事を作ってあげると、その行為をした際に餌をもらえることを覚えるので、それをしたら近くまで近寄ってくれるようになります)

餌の与えすぎは水質の悪化を招きます。

良い水質の上限というのは水が透明だからというわけではありません。

水にバクテリア(細菌)がいるかどうかが水質の良さを示します。

このバクテリアは金魚も食べ残した餌や水の汚れを分解してくれる働きがあり、バクテリアが住み着いている水はとても透明度があります。

水道水は殺菌されているのでバクテリアがいないので、バクテリアが発生するまでに時間がかかります。

その期間がおよそ1ヶ月とされていて1か月目を迎えるまでは水が汚れやすいので注意が必要です。

水換え

水が濁っていたら勿論水替えが必要ですが、水を変える際に注意しなくてはいけないのは全部水を変えないことです。

さっきバクテリアについて話しましたが、全部の水を変えてしまうとバクテリアがいない状態に戻ってしまいまた1から水を作り直さなくてはいけないのです。

全部の水を変えることを水槽をリセットするといいます。

このリセットは水槽がかなり濁っていて中が全然見えなかったりする場合のみにしましょう。

水槽をリセットせずに水を変える場合は水槽の3分の1だけ変えるようにしましょう。

金魚の病気に注意

金魚の最大寿命は15年ほど生きますが多くの金魚は寿命を迎える前に病気によって死んでしまいます。

単独飼育の場合は特に注意する必要はありませんが、複数飼育の場合は病気の金魚をそのままにしておくとほかの金魚にも伝染してしまうため、早急に水槽を分けて薬での対応が必要になります。

終わりに

初めて飼った生き物が金魚という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

金魚は病気にさえ気を付ければすごい長生きする生き物なので大切に育ててあげてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
熱帯魚|淡水魚
Petrear