ピラニアの飼い方|値段・種類・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品は?

ピラニアは「人を襲う怖い魚」というイメージを持っている方が多いと思いますが、本当にピラニアはそんなに恐ろしい魚なのでしょうか?

この記事では、ピラニアの飼い方|値段・種類・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品から水槽の立ち上げ方まで、ピラニアに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

ピラニアってどんな魚?

ピラニアの全長
15-60cm

特徴

ピラニアは鋭い歯と強靭な顎、ダイヤモンドのようにキラキラと輝く鱗が特徴的です。

ピラニアは種類によって複数のカラーバリエーションがあり、ピラニアの中には腹部に赤色の鱗や黄色の鱗を持ってる種類も存在します。

性格

ピラニアの性格
  • 臆病
  • 神経質

ピラニアは「獰猛な魚で人を襲う」というイメージが一般的に多く浸透していますが、ピラニアは臆病な魚であり、自分より体が大きな生物に対しては襲うこと殆どなく逃げ出してしまいます。

このように臆病な性格のピラニアは群れを作り集団で生活することでお互いを守りあっていますが、動物の血液を嗅ぎつけると極度の興奮状態になることがあり、極稀に人間や大型の生物を群れで襲う場合もあります。

知名度が高い

現地にはピラニアが多く生息していることから食用としても多く流通しており、世界的にも知名度のある魚であるため、観光資源としても利用されます。

ピラニアの寿命は?

ピラニアの寿命
10-15年

ピラニアの寿命は約10-15年です。

ピラニアはどの種類も長生きする傾向にあり、適した環境でストレスをできるだけ与えずに飼育することで20年以上生きることもあります。

ピラニアの値段は?

ピラニアの値段
500-50,000円

ピラニアの値段は約500-50000円で購入することができます。

繁殖方法が確立されており日本に多く流通している「ピラニア・ナッテリー」の値段は約500-1000円と安価で購入することができますが、流通量が少なく非常に人気がある「ピラニア・ピラヤ」の値段は約20000-50000円と一気に上がります。

ピラニアの種類は?

ラインノーズ・ピラニア

ラインノーズ・ピラニアの全長
15-20cm
ラインノーズ・ピラニアの特徴
  • 他種のピラニアよりも背中が盛り上がっていて高い体高
  • 顎から背ビレにかけて入る黒いライン
  • ギラギラ光るメタリックのような体色

ラインノーズ・ピラニアは世界最小(最小種)のピラニアであり、他のピラニアよりも小さな水槽で飼育することが可能ですが、流通量が少なく入手難易度が高いです。

ダイヤモンド・ピラニア

ダイヤモンド・ピラニアの全長
20-25cm
ダイヤモンド・ピラニアの特徴
  • ダイヤモンドのように白く輝く鱗

ダイヤモンド・ピラニアの鱗の色には複数のカラーパターンがあり、黄色い鱗をした「ダイヤモンド・イエローピラニア」や、黒い鱗をした「ダイヤモンド・ブラックピラニア」と、鱗の色によって名前が変わります。

ピラニア・ナッテリー

ピラニア・ナッテリーの全長
30-35cm
ピラニア・ナッテリーの特徴
  • 赤色の腹部

ラニア・ナッテリーは日本で最も多く流通しているピラニアです。

ピラニア・ナッテリーは自然下では最大35cmに成長しますが、飼育下では25cm程で成長が止まってしまう傾向にあり、ピラニアの中でも最も温和な性格をしているため混泳も成功しやすく、簡単に飼育できることからピラニア・ナッテリーは一番人気があります。

ジャイアント・イエローピラニア

ジャイアント・イエローピラニアの全長
40-45cm
ジャイアント・イエローピラニアの特徴
  • 黄色い体色

ジャイアント・イエローピラニアの中には、黄色い体色が腹部のみに留まらず全身に黄色い鱗を持っている個体も存在します。ジャイアント・イエローピラニアの輸入量は減少傾向にあり、それに伴い価格も上昇し入手難易度も高くなっています。

ピラニア・ピラヤ

ピラニア・ピラヤの全長
50cm
ピラニア・ピラヤの特徴
  • 黄色、オレンジ色の腹部

ピラニア・ピラヤは世界最大(最大種)のピラニアであり、最大全長50cm以上に成長します。

ピラニア・ピラヤは、その大きな体とは裏腹に比較的温和な性格をしているため、大きな水槽が用意することできれば比較的簡単に飼育することができます。

ピラニア・ピラヤは飼育下でも全長40cm以上と大型に成長するためピラニアの中で最も人気がありますが、流通量が少ないためピラニアの中で最も値段が高く入手難易度も高いです。

ピラニアの飼い方と注意点は?

ピラニアの飼育に必要な飼育用品
  1. 水槽
  2. フィルター(濾過器)
  3. ライト
  4. ヒーター
  5. カルキ抜き
  6. 餌(エサ)

飼育に必要な水槽の大きさは?

ピラニアの飼育に使用する水槽の大きさはピラニアの種類によって異なります。

以下の水槽サイズはピラニアを単独飼育する場合に最低限必要な水槽サイズであり、ピラニアを複数飼育したり混泳を考えている場合は、ワンサイズ以上大きな水槽を用意する必要があります。

【種類別】ピラニアの飼育に必要な水槽サイズ
ラインノーズ・ピラニア45cm規格水槽
ダイヤモンド・ピラニア60cm規格水槽
ピラニア・ナッテリー
ジャイアント・イエローピラニア90x45x45cm水槽
ピラニア・ピラヤ120x60x45cm水槽
【規格・ワイド・キューブ】水槽のサイズ(大きさ)一覧|水量・値段の相場は?
アクアリウムに使用する水槽には、規格水槽・ワイド水槽・キューブ水槽・特注水槽の四種類に分類することができ、各水槽によって形や値段が...

フィルター(濾過器)は何を使う?

ピラニアを単独飼育する場合は「上部式フィルター」を使用し、複数飼育や混泳をする場合は濾過能力が高い「外部式フィルター」の使用がオススメです。

「投げ込み式フィルター」や「スポンジフィルター」などのエアチューブを使用するサブフィルターは、ピラニアがエアチューブを噛みちぎってしまう場合があるので避けましょう。

【濾過器】水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットは?
フィルター(濾過器)は水槽内の水を透明に保つためには必要不可欠な飼育用品であり、フィルターの種類によって濾過性能にも大きな違いがあ...

底砂・水草は使っていい?

ピラニアは食欲旺盛で排泄物の量が多いので飼育水を汚してしまいやすいため、ピラニアはベアタンク(フィルターのみ)での飼育が一般的です。

ピラニアは活発に水槽内を動き回り折角植えた水草を引っこ抜いてしまいますので、水槽のレイアウトに特に拘りがない場合は水草は使用しない方が良いでしょう。

また、底砂を使用する場合は底砂に排泄物が入り込まないような細かい砂がオススメですが、細かい砂は通水性が悪く雑菌が溜まりやすいので底砂は薄く敷きましょう。

水温・水質管理

ピラニアに適した水質
  • 水温 26-28℃
  • PH 6.0-7.0

水質はピラニアに適した水温26-28℃、PHは6.0-7.0を保ちましょう。

【PH調節/管理】水槽のPH(ペーハー)を上げる(下げる)方法は?
淡水魚・汽水魚・海水魚にとって水質(PH)は人間でいう空気と同じであり、魚の飼育を飼育するということは「PHを管理すること」と言っ...

エサは何をあげる?

ピラニアのエサは主食に人工飼料、副食に生き餌を与えましょう。

ピラニアは「金魚」「コオロギ」「ミルワーム」などの生き餌を好みますが、稚魚の間から生き餌ばかりを与えていると、ピラニアが成魚になったときに人工飼料を一切食べてくれないようになってしまいますので、稚魚のうちから人工飼料に餌付けさせることが大切です。

成魚に成長したピラニアに人工飼料を餌付けすることはかなり難しいため、成魚のピラニアを購入する場合は事前に「エサは何を食べているのか?人工飼料は食べているのか?」をショップに確認しましょう。

エサを与える頻度と量

ピラニアにエサを与える頻度は1日1-2回、約2-3分で食べきれる量を与えてください。

ピラニアは食欲旺盛で多くのエサを食べますが、エサを与えすぎてしまうと消化不良を起こしてしまうことがあり、飼育水も大きく汚してしまいますので適量を与えましょう。

混泳はできる?

ピラニアの混泳はとてもリスクが高いので単独飼育が基本ですが、どうしても混泳をさせたい場合はピラニア同士で混泳させましょう。

ピラニア同士の混泳は他種の魚と比べると成功しやすく、ピラニアが稚魚の時から混泳させることで成魚になった時にトラブルが起きる可能性を極力減らすことができます。

また、ピラニアを他種の魚と混泳させる場合は、ピラニアよりも体が大きな魚を混泳させることで混泳がうまくいきやすい傾向にありますが、ピラニアが混泳魚を攻撃して傷つけてしまう可能性が高いため、ピラニアの混泳は全体的に難易度が非常に高いです。

【混泳魚】混泳難易度
アロワナ★★★★★
オスカー★★★★★
スネークヘッド★★★★★
ダトニオ★★★★★
淡水エイ★★★★★
ピラニア★★★★
プレコ★★★★★
ポリプテルス★★★★★

ピラニア水槽の立ち上げ方は?

1. 水槽・フィルター・ヒーターを設置する。

飼育に必要な飼育用品(水槽・フィルター・ヒーター)を設置しましょう。

レイアウト(底砂・水草・流木)がある場合はこのタイミングで導入してください。

2. 水槽にカルキを抜いた水を入れる。

水槽にカルキ抜きを使用した水を入れましょう。

市販のバクテリア材を使用する場合はこのタイミングで使用してください。

3. 飼育水を循環させて水質を安定させる。

フィルターの電源を付け、生体を入れずに水を2-3日循環させましょう。

既に生体を購入してしまっている場合は次のステップ(生体導入)へ進みましょう。

4. ピラニアを水槽へ導入する。

水質が安定したらピラニアを水槽に導入しましょう。

水槽へ導入する時は必ず水合わせを行うようにしてください。

5. 水質が安定するには約1ヵ月かかる。

生体を水槽に導入する前に数日水を循環させることによって水質が安定しますが、たった数日では水槽内に発生する有害物質を分解するバクテリアが繁殖していません。

水槽を立ち上げてからバクテリアが十分に繁殖するには約1ヵ月かかります。

バクテリアが繁殖し水質が安定するまでは水質が変化・悪化しやすくなっていますので、飼育する個体数を増やしすぎたりエサの食べ残しがでないように注意してください。

ピラニア飼育【まとめ】

全長15-60cm
寿命10-15年
水温/PH26-28℃/6.0-7.0
遊泳層中層
飼育難易度★★★★★
繁殖難易度★★★★
混泳難易度★★★★★
推奨水槽サイズ60-120cm水槽

ピラニアは他の熱帯魚と同じように簡単に飼育することができますが、ピラニアは他の魚には無い鋭い歯と強い顎を持っていることを忘れないようにしてください。

ピラニアは基本的に臆病な性格をしているため人に噛む付くことはあまりありませんが、水槽内に入れた手をエサと間違えて噛みついてしまうことも十分考えられますので、ピラニアを飼育する際は十分に注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
熱帯魚|淡水魚
Petrear