【大人気】一人暮らしでも飼育できるオススメのペット7選|かかる費用の目安は?

我々人間と触れ合い癒してくれる動物達。一人暮らしをして家を留守にすることが多い人でも飼育することができる動物は沢山います。

この記事では、一人暮らしでも飼育することができるオススメのペットと飼育にかかる費用の目安をご紹介します。

スポンサーリンク

1. 最も人間に忠実な動物「イヌ」

人気度★★★★★
飼いやすさ★★★★
懐きやすさ★★★★
飼育/維持費用★★★★★

イヌは飼い主に忠実な性格をしている子が多くペットとして人気が高いです。

一人暮らしの方でも毎日散歩へ行くことができれば簡単に飼育することができますし、飼い主が留守にしている間は番犬としても活躍してくれます。

イヌを飼育する唯一のデメリットとしては飼育にかかる費用が多いことですね。イヌの購入費は高額ですし狂犬病予防のワクチンを定期的に接種させる必要があります。

イヌは健康維持のために毎日散歩へ連れて行く必要があるよ。大型犬の飼育は大変だけど小型犬は手間もあまりかからないからオススメだよ。

イヌの飼育にかかる費用は?

生体購入費用約100,000円~
初期費用(飼育用品)約20,000円~
維持費用(餌・消耗品)約5.000円/月
ワクチン接種費用約5,000-10,000円/年
去勢・避妊手術費用約20,000-50,000円
フィラリア予防費用約500-3.000円/月
畜犬登録費用約3,000-3,500円

2. 自由気ままな動物「ネコ」

人気度★★★★★
飼いやすさ★★★★★
懐きやすさ★★★★
飼育/維持費★★★★

ネコは寝たい時に寝る。遊びたい時に遊ぶ自由気ままな動物です。ネコはイヌと同様にペットとして多く飼育されており、あらゆる層から根強い人気があります。

ネコには、足が短い「マンチカン」耳が垂れさがっている「スコティッシュフォールド」まで様々な品種が存在するのであなた好みの子がきっと見つかります。

ネコにはトイレを躾けることもできるしイヌのように散歩へ連れて行く必要がないから忙しいけどペットを飼いたい人にオススメだよ。

【全98品種】猫の種類一覧|特徴と値段は?【写真付き】
世界には様々な特徴を持った沢山の種類が猫がいます。 この記事では世界中の猫達、全98品種の特徴と値段を写真付きでご紹介します...

ネコの飼育にかかる費用は?

生体購入費用約100,000円~
初期費用(飼育用品)約20,000円~
維持費用(餌・消耗品)約3.000円/月

3. 可愛い小さな体が大人気「ハムスター」

人気度★★★★
飼いやすさ★★★★★
懐きやすさ★★★★★
飼育/維持費★★★★

ハムスターはペットとして絶大な人気を誇ります。ハムスターは他の動物とは違い飼育に費用がかからないことも人気の要因になっています。

ハムスターには沢山の種類がおり、小さな体をした「ジャンガリアンハムスター」から大きな体をした「ゴールデンハムスター」まで多種多様です。

ハムスターは限られたスペースと費用で簡単に飼育することができるからペットを飼いたいけど費用は抑えたい人にオススメだよ。

ジャンガリアンハムスターの飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品は?
ペットショップで見かける機会の多いジャンガリアンハムスターはハムスターの中で最も人気のある品種であり、初めて飼育するペットとしても人気があります。この記事では、ジャンガリアンハムスターの飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品から飼育

ハムスターの飼育にかかる費用は?

生体購入費用約1,000円~
初期費用(飼育用品)約8,000円~
維持費用(餌・消耗品)約1,000円/月

4. まるで大きなハムスター!?「チンチラ」

人気度★★★★
飼いやすさ★★★★★
懐きやすさ★★★★
飼育/維持費★★★★★

チンチラは今までペットとしてマイナーな動物でしたが、最近にはチンチラの専門店がオープンしたりと徐々に人気を集めつつあります。

チンチラは寒さと暑さが苦手な動物なので気温の変化が激しい季節はエアコンを使い室温を管理する必要があります。

チンチラは夜行性の動物で日中は眠っているから夜に家を空けている人はチンチラと触れ合える機会が少なくなっちゃうからいっぱい遊びたい人には向かないかも。

チンチラの飼い方|値段・寿命・種類・飼育に必要な飼育用品は?
チンチラは日本でペットとして見かけることの少ない珍しい動物でしたが、最近ではチンチラをペットとしての飼育する人も多くなり人気度も徐...

チンチラの飼育にかかる費用は?

生体購入費用約20,000円~
初期費用(飼育用品)約30,000円~
維持費用(餌・消耗品)約3,000円/月

5. モフモフで大人しい動物「ウサギ」

人気度★★★★
飼いやすさ★★★★
懐きやすさ★★★★
飼育/維持費★★★★★

ウサギはイヌやネコのように鳴き声を発することがなく、トイレを躾けることもできるので一人暮らしの人にピッタリな動物です。

ただ、ウサギは部屋のあらゆる物を齧って傷つけてしまうのでウサギを部屋に放す時には悪戯しないように常に見守っておく必要があります。

ウサギは全長20cm程の小型種から全長50cmを超える大型種まで沢山の種類が存在しますが、全体的に臆病で温和な性格をした個体が多い傾向があります。

ウサギは大人しくて温和な性格をした子が多いから他にペットを飼育していてもトラブルなく一緒に飼育できることが多いよ。

ウサギの飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品は?
小さな体と大きな耳が可愛く、女性を中心に絶大な人気を誇っているウサギは品種改良が盛んに行われており、普通のウサギとは一味違うような...

ウサギの飼育にかかる費用は?

生体購入費用約3,000円~
初期費用(飼育用品)約18,000円~
維持費用(餌・消耗品)約3,500円/月

6. イタチのような動物「フェレット」

人気度★★★★★
飼いやすさ★★★★★
懐きやすさ★★★★★
飼育/維持費★★★★

イタチのような見た目とフェレットはイヌやネコのように躾けをすることができますが、フェレットは個体によって性格が大きく異なっており、躾けが難しい乱暴な子も存在します。

フェレットは肉食性の動物であり好奇心旺盛なので、しっかりと躾けをしておかないと噛み癖や悪戯を覚えてしまうこともありますのでフェレットに躾けは必須です。

フェレットは個体によって性格が全く違うから個体に合った環境で飼育してあげる必要があるから初めてペットを飼育する人には向かないかもね。

フェレットの飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品は?
イタチのような見た目の「フェレット」はペットとしてとても人気がある動物です。 この記事では、フェレットの値段や種類・飼育に必...

フェレットの飼育にかかる費用は?

生体購入費用約20,000円~
初期費用(飼育用品)約18,000円~
維持費用(餌・消耗品)約3,000円/月

7. 頬のチークが可愛い「オカメインコ」

人気度★★★★
飼いやすさ★★★★★
懐きやすさ★★★★★
飼育/維持費★★★★★

オカメインコは頬に入ったオレンジ色のチークが可愛くて頭も良いため、短い単語程度ならば言葉を覚えさせることも可能です。

オカメインコは名前に「インコ」と入っていますが実はオウムの仲間であり、寿命は約15-20年とイヌやネコ以上に生きることができます。特に寿命が長い個体は30年以上生きる場合もあります。

また、オカメインコは寂しい時や構ってほしい時には鳴き声を発するのでご近所さんの迷惑とならないように防音対策をキッチリと行う必要があります。

オカメインコはとても臆病な性格をしている個体が多く、通称「オカメパニック」を起こす場合もあるので静かな場所で飼育してあげよう。

オカメインコの飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品は?
オカメインコはとても人懐っこくて頭がいいので芸を仕込んだり言葉を覚えさせる事も可能であり、ペットとして飼育することができる鳥の中で...

オカメインコの飼育にかかる費用は?

生体購入費用約13,000円~
初期費用(飼育用品)約10,000円~
維持費用(餌・消耗品)約1,500円/月

【まとめ】

飼育してみたい動物(ペット)は見つかりましたか?

この記事では、一人暮らしでも飼育できるオススメのペット6選|かかる費用の目安をご紹介しました。

可愛い動物達と素敵な生活を築くのも楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
人気|オススメ
Petrear