チンチラの飼い方|値段・寿命・種類・飼育に必要な飼育用品は?

チンチラは日本でペットとして見かけることの少ない珍しい動物でしたが、最近ではチンチラをペットとしての飼育する人も多くなり人気度も徐々に高くなってきています。

この記事では、チンチラの飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品から飼育する際の注意点までチンチラに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

チンチラってどんな動物?

チンチラの全長
20-30cm

絶滅危惧種

野生のチンチラは生体数がとても少なく絶滅危惧種にも登録されていますが、チンチラは人工的に繁殖する方法が確立されているため比較的多く流通しています。

社会性が高く懐きやすい

野生のチンチラは家族や一夫多妻で群れ作って生活しており、頭が良くて社会性が高いため、人間は攻撃してこないとチンチラに認識させることができれば人間にも良く懐きます。

運動神経抜群

山地の岩場(標高400-1,650メートル)に生息している野生のチンチラは、とても活動的で運動能力が非常に高く、最大で1メートル以上も跳躍することができます。

メスの方が大きく成長する

チンチラの平均全長は約20-30cmですが、メスのチンチラはオスのチンチラよりも大きく成長し、中には全長35cmを超えるような大型に成長するメスも存在します。

毛皮としても人気が高い

チンチラの毛皮は艶がありとても滑らかな触り心地をしています。チンチラの毛皮は動物の毛皮の中でも特に人気があり、最高級品の毛皮としても知られています。

この毛皮の人気こそがチンチラを絶滅危惧種へと追いやった原因でもあります。

チンチラの寿命は?

チンチラの寿命
10-15年

チンチラの寿命は約10-15年です。

チンチラの寿命は小型の哺乳類にしてはとても長く、チンチラに適した環境で飼育することで20年以上生き、最長で27年生きたチンチラも確認されています。

チンチラの値段は?

チンチラの値段
20,000-100,000円

チンチラの値段は約20,000-100,000円で購入することができます。

チンチラの値段は種類(体色)によって大きな差があり、流通量が多い「グレー」や「シナモン」等は安価で購入することができますが、希少性の高いカラーは当然価値があがります。

購入する時にチェックすること

チンチラを購入する時には、以下の項目を参考に健康状態を確認しましょう。

  1. 飼育環境
  2. 毛並み
  3. 目ヤニ
  4. 排泄物

飼育環境

不衛生な環境で飼育されていたチンチラはストレスを抱えている可能性が高いです。

あまりにも劣悪な環境で長期間飼育されていたチンチラは体調を崩していたり、病気や疾患を抱えている場合があるので、ケージ内が清潔に保たれているか確認しましょう。

毛並み

毛並みのよし悪しはチンチラの健康状態をリアルタイムに表します。

毛並みがよく艶があるチンチラは健康的で元気な証拠ですが、毛並みが悪く艶の無いチンチラはストレスを抱えていたり体調を崩してしまっている可能性が高いです。

目ヤニ

目ヤニが少しだけ付着している場合は特に問題はありませんが、目ヤニが大量に付着している場合はチンチラの眼球に傷がついてしまっている場合があります。

あまりにも目ヤニが酷い場合は結膜炎などの目の病気を患っている可能性があります。

排泄物

健康的なチンチラの排泄物はコロコロとしていてしっかりと形を保っていますが、排泄物が下痢のように水っぽい状態になっている場合はチンチラが体調を崩している証拠です。

チンチラの種類(色変わり)は?

グレー

グレーの特徴
  • 灰色の体色

グレーは灰色の体色が特徴的です。別名「スタンダードグレー」ともいいます。

グレーはチンチラの代表的なカラーであり、チンチラの中で最も人気のあるカラーです。

シナモン

シナモンの特徴
  • シナモン色の体色

シナモンはシナモン色の体色が特徴的です。

シナモンの体色には個体差があり、薄いシナモン色の個体から濃いシナモン色の個体まで様々です。

ブラックエボニー

ブラックエボニーの特徴
  • 黒色の体色

ブラックエボニーは黒色の体色が特徴的です。

ブラックエボニーの体色には個体差があり、真っ黒な個体から灰色に近い個体まで様々です。

ホワイト

ホワイトの特徴
  • 白色の体色

ホワイトは白色の体色が特徴的です。

ホワイトの体色には個体差があり、若干黒味を帯びた白色の個体から真っ白な個体まで様々です。

パイド

パイドの特徴
  • 不規則に入った模様

パイドは不規則に入った模様が特徴的です。

パイドの模様は遺伝子によって現れるため、全ての個体が世界に一つしかない模様を持っています。

バイオレット

バイオレットの特徴
  • 薄い紫色の体色

バイオレットは薄い紫色の体色が特徴的です。

バイオレットの体色には個体差があり、薄い紫色の個体から灰色に近い色をした個体まで様々です。

アルビノ

アルビノの特徴
  • 白いの体色
  • 赤色の眼球

アルビノは白色の体色と赤い眼球が特徴的です。

アルビノは一見ホワイトと同じ白色の体色をしていますが、アルビノは赤色の眼球を持っています。

チンチラの飼育に必要な飼育用品は?

チンチラの飼育に必要な飼育用品
  1. ケージ
  2. 巣箱
  3. 床材
  4. エサ入れ
  5. 給水ボトル
  6. 回し車
  7. 砂・砂浴び用容器
  8. 齧り木

ケージ

チンチラは運動力が多いため、飼育にはチンチラ専用のケージが必要になります。

チンチラ専用のケージは特殊な作りになっており、野生のチンチラが生息している山脈の岩場のように高低差のある環境を意識して作られているため、運動不足になりにくくなっています。

巣箱

チンチラは巣の中で眠る習性があるため、寝床として巣箱は必ず必要になります。

チンチラを複数飼育する場合はチンチラの匹数に合わせて巣箱を用意してあげましょう。

巣箱には様々な材質の物がありますので飼育者の好みで選択してもらっても問題はありませんが、特に理由がない場合は最も安全性が高い木製の巣箱がいいでしょう。

床材

床材はケージの底へ敷いて使用することで排泄物の匂いや水分を吸収する役割があります。

チンチラを飼育する際には主に以下のような種類の床材が多く使用されています。

  1. 牧草
  2. 新聞紙
  3. ウッドチップ
  4. ペットシーツ

牧草

コスパ★★★★★
吸収性★★★★★
消臭性★★★★★
オススメ度★★★★

牧草はエサとしても使用されている安全な床材ですが、消臭効果は殆ど期待できません。

牧草特有の臭いもあるため、牧草の臭いが苦手な方は他の床材を選んだ方がよいでしょう。

新聞紙

コスパ★★★★★
吸収性★★★★★
消臭性★★★★
オススメ度★★★★★

新聞紙を床材として使用する場合のメリットは何と言っても「無料で入手」できることですが、新聞紙に使われているインクがチンチラに悪影響を与える可能性があります。

日本の新聞紙には植物性のインクが使用されているため比較的安全ですが、極稀にインクに含まれる成分に対してアレルギーを発症することもありますので注意が必要です。

ウッドチップ

コスパ★★★★★
吸収性★★★★
消臭性★★★★
オススメ度★★★★★

ウッドチップは吸水性消臭性保温性に優れている自然由来の最も優れた床材です。

ウッドチップに使われている木材の種類によっては極稀にアレルギー反応を起こす個体もいますので、初めてウッドチップを使用する際にはチンチラに異常が無いかキチンと確認しましょう。

ペットシーツ

コスパ★★★★★
吸収性★★★★★
消臭性★★★★★
オススメ度★★★★★

ペットシーツは床材の中で最も吸収性・消臭性に優れていますが、ペットシーツの繊維がチンチラの足に引っかかって転倒してしまったり、チンチラがイタズラで引き裂いてしまう場合があります。

転倒は骨に亀裂が入ったり骨折の原因になるため、ペットシーツを使用する場合は出来る限りペットシーツの上に別の床材を敷いて使用するようにしましょう。

回し車

チンチラはハムスターやデグー等と同様に運動力が非常に多いため、常に放し飼いをすることができない場合はケージ内でも十分に運動ができるように回し車を用意してあげる必要があります。

また、回し車はチンチラが遊ぶ際にもよく利用することになります。

砂・砂浴び用容器

チンチラは砂浴びをする習性があるため、砂と砂浴び用の容器を用意してあげましょう。

砂浴びは体の汚れを落として清潔に保つ効果があるだけではなく、チンチラの精神状態をリラックスさせてストレスを解消する効果があります。

齧り木

チンチラは生涯前歯が伸び続けるため、硬い物を齧って歯を定期的に削る必要があります。

齧り木を設置してあげることで自ら歯を削ることができるようになるため、必ず用意しましょう。

齧り木は自然で採取してきた物でも代用することは可能ですが、木に付着している細菌がチンチラに悪影響を及ぼす可能性があるため、必ず煮沸消毒してから使用するようにしてください。

チンチラの歯を定期的にカットすることができるなら無くても問題ありません。

エサ入れ

エサ入れには様々な材質・形状の物がありますが、床に置いて使用するタイプの製品はチンチラがエサ入れをひっくり返してしまったり、エサ入れの中に入ってしまうことがあります。

そのため、エサ入れ(食器)は床に置いて使用するタイプの製品よりもケージに掛けて使用するタイプや壁に固定して使用するタイプの製品がオススメです。

給水ボトル

給水ボトルは食器とは違って飲み水の鮮度を長期間保つことができ、飲み水の中にチンチラが入ってしまう心配もないため、衛生面を考えるのならば必ず用意してあげましょう。

チンチラの飼い方と注意点は?

ケージの設置場所

チンチラのケージは直射日光が当たらない薄暗い静かな場所に設置しましょう。

チンチラは日中の殆どの時間を眠って過ごしています。直射日光が当たったり極端に明るい場所にケージを設置してしまうとチンチラの睡眠を阻害してしまいますので避けましょう。

温度・室温管理

チンチラに適した温度
  • 約17-23℃

チンチラは体温を調節することが苦手な動物であり、気温が10℃を下回ったり気温が25℃を上回ると体温を調節することができずに体調を大きく崩してしまうこともありますので、ヒーターやエアコンなどの暖房器具を使ってチンチラが快適に過ごせる室温を保ちましょう。

チンチラに適した室温は約17-23℃と我々人間には少し肌寒い環境です。チンチラは暑さに極端に弱く「熱中症」にかかりやすいため、夏場は特に室温管理が重要になります。

運動不足を対策しよう

チンチラの運動不足解消のために、ケージ中に回し車を設置することで多少運動不足を解消させる効果はありますが、回し車のみでは十分な運動ができているとはいえません。

そのため、チンチラが自由に好きなだけ運動できるように、定期的にケージの外に出してチンチラと遊んであげましょう。チンチラと触れ合うことで運動不足を解消するのみならず、チンチラとの信頼関係を築くことにも繋がります。

ケージの外に出すときに注意すること

チンチラをケージの外に出すときは、絶対に目を離さないようにしてください。

チンチラは部屋にある物や場所を齧ることがありますので部屋を傷つけてしまいますし、誤って電源コードやコンセントを齧ってしまうと感電する恐れもありますので、チンチラに危険が及ぶ物にはできる限り近寄らせないようにしましょう。

チンチラが誤って飲み込む可能性のある小さな物もチンチラが触れない位置に移動させ、チンチラが安全に過ごせる環境を作りましょう。

毎日砂浴びさせる

砂浴びは体に付着した汚れを落として毛並みを整えるだけではなく、ストレスを解消し精神的にもリラックスする効果がありますので、人間が毎日お風呂に入るようにチンチラにも毎日砂浴びをする時間を約5-10分とってあげましょう。

睡眠を妨げないように

チンチラは夜に活動する夜行性の動物のため、日中の殆どの時間を睡眠で過ごしています。

チンチラと遊びたいからといって眠っているチンチラを起こしてしまうと、睡眠を阻害されたチンチラはストレスを感じてしまい、チンチラとの信頼関係にも支障をきたしますので、チンチラが眠っている間は構わずにそっとしておいてあげましょう。

また、チンチラの中には夜行性であるのにも関わらず、日中も起きていて活動するような子もいますので「朝は遊ばない」「夜は遊ぶ」と時間で決めるのではなく、チンチラが起きている時間に沢山遊んであげるといいでしょう。

チンチラ飼育【まとめ】

全長20-30cm
寿命10-15年/最長27年
値段20,000円~
人気度★★★★
飼育難易度★★★★★

チンチラをペットショップでも見かける機会が多くなってきており、チンチラをペットとして飼育する人も数年前と比べると爆発的に増えてきています。

キチンとした環境で飼育することができれば、チンチラは犬や猫よりもずっと長生きすることができますので、大切に育ててあげてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
哺乳類
Petrear