チンチラの飼い方と注意点|特徴・寿命・種類・値段【まとめ】

チンチラは日本で見かけることの少ない珍しい動物でしたが,近頃ではチンチラをペットとしての飼育する人の数も多くなってきており,徐々に人気度も高まってきています。

しかし,犬や猫等の人気の高い動物と比べるとチンチラの飼育者の数も情報も圧倒的に少ないため,チンチラが快適に過ごせる環境を少しずつ探していかなければいけません。

この記事では,チンチラの寿命や種類等,チンチラの飼育に関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

チンチラってどんな動物?

チンチラの全長
20-30cm

特徴

チンチラは社会性が高く,野生では一夫多妻の家族から成る群れを作り集団で生活しています。

チンチラの“小型哺乳類としては知能が断トツに高い”ため,時間をかけて教えることでお手やお座りといった犬が覚えるような芸も覚えることができます。

チンチラは知能が高い故に警戒心が強い個体が多い傾向にありますが,チンチラが子供の時から親代わりとなって育てることによってベタ慣れ(懐いてる状態)させることもできます。

性別による違い

雌のチンチラは雄のチンチラよりも体が大きくなる傾向にあります。通常チンチラの大きさは,約20-30cmである場合が殆どですが,雌の中には全長35cmを超えるような大型個体も存在します。

運動神経抜群

野生のチンチラは主に山地の岩場(標高400-1,650メートル)に生息しているため,非常に活動的で運動能力がずば抜けて高く,垂直方向に最大で1メートル近く跳躍することができます。

絶滅危惧種

野生のチンチラは生息数がとても少ないため“絶滅危惧種”に登録されています。しかし,チンチラは人工的に繁殖させる方法が確立されているため,市場には多く流通しています。

毛皮として

チンチラの毛皮は艶がありとても滑らかな触り心地をしているため,最高級品の毛皮として扱われています。この毛皮の人気の高さこそ“チンチラを絶滅危惧種に追いやった原因”の一つです。

チンチラの寿命

チンチラの寿命
10-15年

チンチラの寿命は10年を軽く超え,15年以上生きることも少なくありません。

チンチラは小型哺乳類としてはトップクラスの寿命を持っているため,チンチラの中には適した環境で飼育することで20年以上生きた個体も確認されています。

また,チンチラの最長寿命としてギネス記録には“29年と229日”という記録も残っています。

チンチラの値段

チンチラの値段
20,000-100,000円

チンチラの値段は種類(毛色)によって大きな差があります。

流通量の多い「グレー」や「シナモン」は比較的安価で販売されていますが,流通量の少ない「バイオレット」や「アルビノ」といった種類は希少性の高いため,値段も高くなる傾向にあります。

チンチラの種類(色変わり)

グレー

グレーの特徴
  • 灰色の毛色

グレーはチンチラの代表的なカラーであり,チンチラの中で最も人気のある定番カラーです。

別名「スタンダードグレー」ともいいます。

シナモン

シナモンの特徴
  • シナモン色の毛色

シナモンはグレーよりもメラニン色素が薄いため,毛色から黒味が消えて茶色みが強く出ています。

シナモンは個体によって毛色に若干の違いがあります。白色に近い薄いシナモン色をした個体から茶色に近い濃いシナモン色をした個体まで,毛色は個体によって様々です。

ブラックエボニー

ブラックエボニーの特徴
  • 黒色の毛色

ブラックエボニーは個体によって毛色に若干の違いがあります。灰色に近い色をした個体からブラックエボニーという名に相応しい真っ黒色の個体まで,毛色は個体によって様々です。

ブラックベルベット

ブラックベルベットの特徴
  • 灰色と黒色の毛色
  • 白色のお腹

ブラックベルベットはブラックエボニーのような黒色の毛色をしていますが,ブラックエボニーのように全身が同じ色で統一されるのではなく,胸部からお腹にかけての毛色が白くなっています。

ブラックベルベットは個体によって毛色に若干の違いがあります。グレーに近い毛色をした個体からブラックエボニーのように真っ黒な毛色の個体まで,毛色は個体によって様々です。

ホワイト

ホワイトの特徴
  • 白色の毛色

ホワイトは個体によって毛色に若干の違いがあります。白色の毛色が少し薄暗くなっている個体からホワイトという名に相応しい真っ白な個体まで,毛色は個体によって様々です。

パイド

パイドの特徴
  • 不規則な模様
  • バリエーション豊富

パイドが持って生まれてくる毛色と模様は完全にランダム(遺伝子影響)であり,個体によって毛色と模様に大きな違いがあるため,全てが同じ配色パターンの個体は殆ど存在しません。

そのため,すべてのパイドが自分だけのオリジナルな模様を持っているといってもいいでしょう。

バイオレット

バイオレットの特徴
  • 青紫色の毛色

バイオレットは個体によって毛色に若干の違いがあります。青紫色の個体から灰色に近い色を持った個体まで,毛色は個体によって様々です。

アルビノ

アルビノの特徴
  • 白色の毛色
  • 赤色の眼球

アルビノはホワイトと同じ白い毛色をしていますが,アルビノの眼球は真っ赤に染まっています。

アルビノは遺伝子の疾患によりメラニン色素を一切持っていないため,他の種類のチンチラと比べると視力が若干悪い個体が多く,紫外線が原因となる皮膚病にかかりやすい傾向にあります。

チンチラの飼い方と注意点

飼育に必要な飼育用品

チンチラの飼育に必要な飼育用品
  • ケージ
  • 床材
  • 回し車
  • 巣箱
  • 齧り木
  • ペットヒーター
  • エサ入れ・給水ボトル
  • 砂・砂浴び用容器
  • キャリーケージ

チンチラの飼育に必須な飼育用品は「ケージ」「床材」「回し車」「ヒーター」の4つです。

その他の飼育用品に関しては必要に応じて用意するという認識で問題ありませんが,全ての飼育用品には必要となる理由があるため,余程の理由が無い限りは全ての飼育用品を揃えましょう。

以下の記事では,チンチラの飼育に必要な飼育用品とその理由について詳しく解説しています。

チンチラの飼育に必要な飼育用品【まとめ】
チンチラの飼育に必要となる飼育用品(ケージ・床材等)をご紹介します。各飼育用品が必要となる理由についても簡潔に説明しているため、チンチラの飼育用品について知りたい方は必読です。

温度・室温管理

チンチラが快適な温度
  • 約17-23℃

チンチラは体温調節が苦手なため,エアコンやヒーターを使い室温を一定に保つ必要があります。

特に夏場はチンチラが「食欲不振」や「熱中症」等の体調不良を引き起こしやすく,時と場合によっては熱中症を起こしたことで死んでしまう場合もあります。

また,チンチラは暑さと同時に寒さにも弱く,室温が5℃を下回るような環境ではチンチラが冬眠してしまう可能性が高いため,冬場はペット用ヒーターを使い暖める必要があります。

冬眠と聞くと「暖かくなったら眠りから目覚めるイメージ」がありますが,一度冬眠状態(仮死状態)に入ってしまうとそのまま凍死してしまう可能性が高いため,絶対に冬眠させてはいけません。

金網やスノコは取り外す

購入したケージによってはケージの底面にフン切りの役割を持った金網やスノコが組み込まれていることがあります。フン切りは着脱が可能となっている場合が殆どなので必ず外してください。

フン切りはチンチラの排泄物をケージの下に落とす役割を担っており,フン切りがあることでケージを簡単に掃除することができるようになります。

しかし,フン切りには排泄物を落とすために小さな隙間が空いています。この隙間にチンチラの足が引っ掛かってしまうと咄嗟の出来事に“チンチラがパニックを起こしてしまう“ことがあります。

パニック状態のチンチラは暴れることで隙間から足を抜こうとしますが,上手に抜けなかった場合は足を骨折してしまうこともあるため,危険なフン切りは必ず取り外すようにしてください。

フン切りを取り外せない場合は,フン切リの上に板か何かを敷くといいでしょう。

定期的に砂浴びさせる

チンチラには砂浴びをする習性があるため,定期的に砂浴びをさせてあげましょう。

砂浴びには体に付着した汚れを落とす効果があります。その他にもチンチラが砂で遊ぶことでストレスを発散しリラックスする効果もあるため,砂浴びは一週間に一度を目安に行ってください。

毎日砂浴びさせる場合はケージの中に砂浴び用の容器を設置しても構いませんが,容器の中で排泄をしてしまうことがあるため,砂を清潔に保つためにも砂の交換頻度を上げる必要があります。

規則正しい生活を

夜行性のチンチラにとっての規則正しい生活とは,日中は眠り夜に起きて活動することです。

日中に遊びたいからといって睡眠を阻害してしまうとチンチラにストレスが溜まってしまうだけでなく,飼い主とチンチラの信頼関係にも悪い影響を与えてしまいます。

しかし,チンチラの中には夜行性であるのにも関わらず日中に活動するような個体もいるため,遊ぶ時間は時間で決めるのではなくチンチラが起きている時間に合わせて遊んであげましょう。

チンチラ飼育【まとめ】

全長20-30cm
寿命10-15年
値段20,000円~
人気度★★★★
飼育難易度★★★★

チンチラは適した環境で飼育することによって犬や猫よりも長生きすることができますが,本来は山地の岩場に生息する動物であるため,少し変わったところで苦労するかもしれません。

しかし,チンチラには他の動物よりもコミュニケーション能力に優れており,愛情をもって育てることで凄い懐いてくれますので,日常の癒しとして飼育にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
哺乳類
Petrear