チンチラの鳴き声の種類と意味|チンチラは感情によって鳴き方を変える

チンチラは言葉を使い会話をすることができないため、代わりに鳴き声を使い意思疎通を行います。

気分が良い、気分が悪い、甘えたい、不満がある、チンチラにも様々な感情があります。チンチラが感じている感情は鳴き声に反映されるため、鳴き声を覚え感情を読み取ってあげることが大切です。

この記事では、チンチラの鳴き声の種類と各種鳴き声が意味する感情について解説していきます。

チンチラの鳴き声の種類と意味

コミュニケーションを取る時の鳴き声

鳴き声の種類
  • キューキュー
  • キュッキュッ

「キューキュー」「キュッキュッ」という鳴き声はチンチラが仲間とコミュニケーションを取る時に発声する鳴き方です。主に気分が良くて楽しい時や何かを要求する際に見受けられます。

これらの鳴き声には自分の存在を主張するという意味合いも含まれています。何かを知ってほしいと訴えている場合も多いため、チンチラが何を求めているのかを探りながら確認してあげましょう。

チンチラがコミュニケーションを取りたがるということは飼い主を信頼している証拠です。これらの鳴き声を殆ど確認できない場合は、残念ながら関係が芳しくありません。

構ってほしい時の鳴き声

鳴き声の種類
  • プープー
  • ホォッホォッ

「プープー」「ホォッホォッ」という鳴き声はチンチラが構ってほしい気分の時に発声する鳴き方です。主に甘えたかったり気分の時や孤独(寂しい)を感じている際に見受けられます。

これらの鳴き声をあげている場合はチンチラが飼い主のことを仲間と認識しており、飼い主との交流(遊び)を求めている可能性が高いため、沢山遊んで更に仲を深めていくチャンスでもあります。

チンチラがオスの場合は「ホォッホォッ」と鳴いたら発情期である可能性もあります(尻尾を振りながら鳴いている場合は発情期である可能性が高い)。

不満を表す時の鳴き声

鳴き声の種類
  • ケッケッ
  • ギャッギャッ
  • グーグー

ケッケッ「ギャッギャッ」という鳴き声はチンチラが不満を表す時に発声する鳴き方です。

これらの鳴き声は警告や警戒という意味合いが強いです。「抱っこはやめて!やめないと噛むよ!」「今は機嫌が悪いから一人にしてよ!触らないで!」といったことを鳴き声で伝えているのです。

警告を無視してチンチラが嫌がる行為を続けていると嫌われる原因になります。気を付けましょう。

チンチラの鳴き声の種類と意味【まとめ】

チンチラが鳴き声をあげているということはチンチラが飼い主に何かを訴えているということです。

チンチラが何に対して不満や恐怖を感じているのか、何を飼い主に求めて鳴き声をあげているのかは鳴き声の種類を確認すれば、大体のことは理解してあげることができます。

意思の疎通を円滑に行うためにもチンチラの鳴き声の意味は理解しておいてあげてくださいね。

チンチラの飼い方と注意点|特徴・寿命・種類・値段【まとめ】
チンチラに関する情報(特徴・寿命・種類・値段)をはじめ、飼育に必要な飼育用品や飼育する際の注意点など、チンチラの飼育に役立つ情報をご紹介します。
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
哺乳類

関連ページ

PETREAR(ペットリア)