フクロモモンガの飼い方|値段・寿命・飼育に必要な飼育用品は?

小さな体に黒くて大きな目が魅力的な「フクロモモンガ」はリスのような見た目がとても可愛くて人気があり、テレビなどのメディアでフクロモモンガを見て飼育したいと思った方もいるのではないのでしょうか?

この記事では、フクロモモンガの飼い方|値段・寿命・飼育に必要な飼育用品やフクロモモンガを飼育する際の注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク

フクロモモンガってどんな動物?

フクロモモンガの全長
18-21cm

フクロモモンガは小さな体と黒い大きな目、頭部から背中にかけて入った黒い線模が特徴的な夜行性の動物です。フクロモモンガは普段あまり見かけることのない動物ですが、メディアでの露出も増えてきており、徐々に人気も上昇傾向にあります。

滑空することができる

フクロモモンガは哺乳類でありながら鳥類と同じように滑空することができます。

フクロモモンガには伸縮性のあるヒダ(飛膜)が前足と後ろ足を繋ぐように備わっており、フクロモモンガはこの飛膜を利用し滑空を行います。フクロモモンガが木から木へ滑空する時には50m以上滑空し、時には150m以上に達します。

臆病で警戒心が強い

フクロモモンガは臆病で警戒心が強い個体が多い傾向にありますが、フクロモモンガが幼いのうちから育てることである程度は人間に懐かせることも可能です。

縄張り意識が強い

フクロモモンガは臆病で警戒心が強いのに加えて縄張り意識を持っています。

通常、フクロモモンガのオスは単独、もしくはメス(一夫多妻制)と共に行動をしており、オスは縄張りを持っているのでオス同士が共に行動することはありません。

そのため、同じ縄張りに複数のオスが存在すると必然的に縄張り争いの喧嘩が発生してしまうため、複数のフクロモモンガを飼育する時には注意が必要です。

フクロモモンガの寿命は?

フクロモモンガの寿命
7-10年

フクロモモンガの寿命は約7-10年です。

フクロモモンガは小型の哺乳類としては寿命がとても長く、フクロモモンガに適した環境で飼育することで10年以上生きる場合も多いです。

フクロモモンガの値段は?

フクロモモンガの値段
10,000-20,000円

フクロモモンガの値段は約10000-20000円で購入することができます。

フクロモモンガは繁殖が容易に行えることからペットショップでも比較的安価で販売されていますが、珍しい種類やカラーのフクロモモンガは、20万円以上の値段で販売されていることもあります。

購入する際にチェックするポイント

ペットショップでフクロモモンガを購入する際には、以下の項目を必ずチェックしてから購入するようにしましょう。

  • 飼育環境
  • 毛並み
  • 目ヤニ
  • 排泄物
  • 人に慣れているか

管理が行き届いたペットショップでは、健康状態が良好なフクロモモンガしか販売しませんが、中には不健康なフクロモモンガを販売しているペットショップもありますのでキチンとご自身でチェックするようにしてください。

飼育環境

大量の排泄物が放置されたケージで飼育されているフクロモモンガはストレスを抱えており元気が無かったり病気を患っている可能性がありますし、他にも何かしらの問題を抱えている可能性が非常に高いです。

毛並み

毛並みにはフクロモモンガの健康状態が反映されているのでよく観察しましょう。

健康的なフクロモモンガの毛並みは艶がありフワフワとしていますが、健康状態が悪いフクロモモンガは毛並みが悪く艶が無くボサボサになっています。

目ヤニ

目ヤニがでているフクロモモンガは眼球に傷を負っており、症状がひどい場合には結膜炎を患っている場合があります。

排泄物

健康的なフクロモモンガの排泄物はコロコロとした形をしていますが、不健康なフクロモモンガの排泄物はフニャフニャとしており形が崩れていたり、下痢状になっているようなこともあります。

人に慣れているか

フクロモモンガはとても警戒心が強い動物であり、人に慣れることなく成長したフクロモモンガを人間に懐かせるのは非常に難しいため、フクロモモンガが飼育員に対して威嚇や嫌がっている素振りをしていないかキチンとチェックしましょう。

フクロモモンガは初めて会った人や動物に威嚇することはよくありますが、長く飼育を担当している飼育員に対して威嚇している場合は飼育員の扱いが雑であったり、そもそも人に慣れずらい個体であることもあるので注意深く観察しましょう。

フクロモモンガの飼育に必要な飼育用品

シマリスの飼育に必要な飼育用品
  • ケージ
  • 巣箱
  • 止まり木
  • 床材
  • エサ入れ
  • 給水ボトル
  • ヒーター

ケージ

フクロモモンガは小さな体なので飼育に大きなケージが必要ないように思えますが、フクロモモンガは運動量がとても多いので、大きく高さのあるケージが必要になります。

フクロモモンガ専用のケージも販売されています。フクロモモンガ専用ケージはフクロモモンガが十分な運動ができるように高さのある大きな作りになっています。

また、ケージには金網とアクリル製の二種類があり、各材質によってメリットとデメリットが存在します。詳しくは以下を参考にしてください。

金網製

金網製のケージは、主にインコやオウム等の鳥類やハムスター等の小動物を飼育する時に利用することが多く、値段もお手頃なので最もメジャーな材質といえます。

メリット
  • 値段が安い
  • 通気性が良く、匂いがこもりずらい
  • 金網を遊び道具としても使えて運動不足になりずらい
  • 金網の隙間から餌を与えることができたり、隙間を利用して設置するグッズを付けられる
デメリット
  • 保温性がない
  • 金網が錆びたり齧られたり傷がつきやすい

アクリル製

アクリル製のケージは、爬虫類や保温が必要な温暖な地域に住む動物の飼育に使われることが多い材質です。アクリルは保温性・安全性に優れていますが金網製のケージと比べると倍近くの値段になっています。

メリット
  • 保温性が高い
  • 錆びることもなく傷がつきにくい
デメリット
  • 値段が高い
  • 通気性が悪い為、匂いが篭りやすい

床材

床材はフクロモモンガが歩きやすいようにしたり、排泄物の匂いや水分を吸収するためにケージの底に敷いて使用する必要があります。

床材には以下のような種類があります。

  • 新聞紙
  • ウッドチップ
  • ペットシーツ

新聞紙

コスパ★★★★★
吸収性★★★★★
消臭性★★★★
オススメ度★★★★★

ウッドチップ

コスパ★★★★★
吸収性★★★★
消臭性★★★★
オススメ度★★★★★

ペットシーツ

コスパ★★★★★
吸収性★★★★★
消臭性★★★★★
オススメ度★★★★★

巣箱

巣箱はフクロモモンガが人間や他の動物から視線をシャットアウトし安心して眠ることができる空間になるので必ず用意しましょう。

巣箱には、草製の物から木製の物まで様々な材質でできたものがありますが、身近なティッシュの箱等の空き箱でも代用することができます。

止まり木

フクロモモンガは運動量がとても多い動物であり、ケージ内で自由に運動できるように止まり木をいくつか用意してあげましょう。

フクロモモンガ専用のケージには止まり木もセットになっているので安心です。

エサ入れ

エサ入れは食器で代用することができますが、シマリスが食器の中に入って排泄をしてしまうことがあり衛生的に良くありませんので、ケージにかけて使用するタイプの製品が好ましいでしょう。

給水ボトル

給水ボトルはエサ入れと同様に食器で代用することができますが、シマリスが食器の中に誤って入ってしまったり衛生的に良くありませんので、水を新鮮に保ちやすく衛生的な給水ボトルを使用するといいでしょう。

ヒーター

フクロモモンガは寒さが苦手な動物なので、気温が大きく低下する冬から春にかけてペット用ヒーターやエアコンなどの暖房器具を使ってフクロモモンガが快適に過ごせる室温を保つ必要があります。

フクロモモンガの飼い方と注意点

ケージの設置場所

フクロモモンガは夜行性の動物であり、昼間は殆どの時間を睡眠で過ごしています。

ケージに直射日光が当たる温度変化が激しい場所や出入り口のドア付近の騒がしい場所にケージを設置するとフクロモモンガの睡眠を阻害することになりますので、必ず直射日光が当たらない静かな場所にケージを設置しましょう。

温度・室温管理

温暖な地域に生息するフクロモモンガにとって日本は寒く住みずらい地域です。

フクロモモンガが快適に過ごせる室温は23-28℃前後ですので、この室温を大きく上回ったり下回ったりするようなことがないように必ずペット用ヒーターやエアコン等の暖房器具で室温を管理しましょう。

懐かせるコツ

大人になったフクロモモンガを懐かせるのはとても大変で難しいので、フクロモモンガを簡単に懐かせたい場合は赤ちゃんを選びましょう。赤ちゃんのうちから飼育することで飼い主を親と認識させることができるため、とても慣れやすくなります。

匂いを覚えさせる

フクロモモンガは飼い主を顔で覚えるのではなく匂いで記憶します。

そのため、フクロモモンガに飼い主の匂いを覚えてもらうためにエサを与える時は必ず手から与えるようにしたり、飼い主のが染み込んでいる古くなったシャツなどを切って床材として利用したり寝床に入れてあげたりするのも効果的です。

とにかく触れ合おう

フクロモモンガを懐かせる、仲良くなるには触れ合って遊んであげることが一番効果的です。フクロモモンガに威嚇されたり噛まれたりするからといっていつまでも触れ合わないまま大人成長してしまったら懐かせることは更に困難になります。

フクロモモンガが子供のうちは噛む力が弱く噛まれてもそこまで痛くはないので人間に慣れてもらうために何回も繰り返しチャレンジすることが大切です。

エサは何をあげる?

フクロモモンガは雑食性の動物であり、肉や野菜、昆虫と何でも食べますが、偏った食事は栄養バランスが悪く健康にも悪影響を及ぼします。

そのため、フクロモモンガの主食には「モモンガフード」というモモンガ専用の配合飼料を与えて効率的に成長に必要な栄養素を摂取させましょう。

野菜や果実、昆虫などのモモンガフード以外の食べ物はすべて副食として少量与えるようにしてください。個体によってエサの好みは分かれますので、その個体に合ったエサを用意してあげるといいでしょう。

絶対に与えてはいけないエサ

フクロモモンガには、「チョコレート」「ネギ」「玉ネギ」「ほうれん草」「牛乳」「アボカド」等の絶対に与えてはいけない食べ物があります。

特にアボカドやネギ類をフクロモモンガが誤って食べてしまうと、その場でショック死してしまうこともありますので初めて与えるエサは必ず与えても安全か確認するようにし、人間用に作られた食品に関しては与えないようにしましょう。

フクロモモンガ飼育【まとめ】

全長18-21cm
寿命7-10年
値段10,000円-20,000円
人気度★★★★★
飼育難易度★★★★★

フクロモモンガは警戒心が強い子が多いけど中には甘えん坊でいつもベッタリしてくるような子もいるから信頼関係を築けば他の動物と同じように仲良くなれるよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
哺乳類
Petrear