【濾過器】水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットは?

アクアリウム情報

フィルター(濾過器)は水槽内の水を透明に保つためには必要不可欠な飼育用品であり、フィルターの種類によって濾過性能にも大きな違いがあります。

この記事では、水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

外部式フィルター

外部式フィルターとは、水槽から離して設置するフィルターのことをいいます。

メリット
  • 物理濾過・生物濾過共に能力が高い
  • 水槽内、水槽上部に設置しない為見た目が良い
  • 二酸化炭素が逃げにくく水草が育ちやすい
デメリット
  • 値段が高い
  • 設置する場所が必要

外部式フィルターは全フィルターの中で二番目に高い濾過能力を持っており、水槽内や水槽上部に設置する必要がないのでレイアウトに拘りたい方にもオススメです。

また、外部式フィルターは循環する飼育水が空気に触れないように作られているため、二酸化炭素を逃げにくく水草の育成に最も適しているフィルターです。

外掛け式フィルター

外掛け式フィルターとは、水槽の緑に引っ掛けて設置するフィルターのことををいいます。

メリット
  • 値段が安い
  • 設置や掃除が簡単
  • 動作音や水の音が静か
デメリット
  • 物理濾過能力が低い
  • 小型水槽でしか使えない

ホームセンターなどで販売されている水槽にセットで付属しているフィルターの多くは「肩掛け式フィルター」又は「投げ込み式フィルター」のどちらかになります。

流動式フィルター

流動式フィルターとは、筒のケースにろ材をいれて使用するフィルターのことをいいます。

メリット
  • 生物濾過能力がとても高い
  • ろ材が動き続ける為目詰まりが起こりずらい
デメリット
  • 値段が高い
  • 物理濾過ができない
  • 水槽の中に設置するため見た目が気になる

修道式フィルターには物理濾過能力は殆どなく代わりに生物濾過能力が高くなっています。

物理濾過が得意ではない流動式フィルターを使用する際には、物理濾過が得意な他のフィルターと併用して使用する必要があります。

また、底面式フィルターはエアーポンプと連結して使う必要があります。

上部式フィルター

上部式フィルターとは、水槽の上部に乗せて使用するフィルターのこといいます。

メリット
  • コスパが良い
  • 酸素供給能力が高い
  • 掃除が簡単
デメリット
  • 水が下に勢いよく落ちるので音が気になる
  • 水流ができるので飼育する魚によっては不向き
  • 製品によって決まった大きさの水槽でしか使用できない

上部式フィルターは他のフィルターと違って製品によって使用できる水槽の大きさが決まっているため、上部式フィルターを使用することができない水槽サイズがあります。

底面式フィルター

底面式フィルターとは、水槽の底に設置して使用するフィルターのことをいいます。

メリット
  • 値段が安い
  • 生物濾過能力が高い
  • 掃除する必要がない
デメリット
  • 物理濾過ができない
  • 底砂がないと使用できない
  • 掃除=水槽のリセットになってしまう
  • エアーポンプの音が気になる

底面式フィルターは砂利やソイルと併用して使用する珍しいフィルターであり、濾材やマットを一切使用しないため物理濾過をすることができません。

また、底面式フィルターはエアーポンプと連結して使う必要があります。

投げ込み式フィルター

投げ込み式フィルターとは、水槽内に設置して使用するフィルターのことをいいます。

メリット
  • 値段が安い
デメリット
  • 物理濾過・生物濾過共に能力が低い
  • 水槽の中に入れる為、見た目が気になる
  • エアーポンプの音が気になる

投げ込み式フィルターは物理濾過・生物濾過共に能力が低いため、他のフィルターと併用して使用する必要があります。

また、投げ込みフィルターはエアーポンプと連結して使う必要があります。

スポンジフィルター

スポンジフィルターとは、水槽内の壁に吸盤を使い設置するフィルターのことをいいます。

メリット
  • 値段が安い
  • 生物濾過能力が高い
  • 掃除が簡単
デメリット
  • 水槽の中に入れる為、見た目が気になる
  • エアーポンプの音が気になる

スポンジフィルターは、その名の通りスポンジが付いているため物理濾過に特化しているように見えますが、物理濾過よりも生物濾過の方が圧倒的に優れています。

また、スポンジフィルターはエアーポンプと連結して使用する必要があります。

オーバーフロー式

オーバーフロー式(システム)は他のフィルターとは全く違ったタイプの濾過器です。

メリット
  • 物理濾過・生物濾過能力共にトップクラスの性能
デメリット
  • 値段が高い
  • 掃除が大変
  • 音がうるさい
  • 水槽の大きさによっては床の補強工事が必要

オーバーフロー式は水槽の下に設置された濾過槽に飼育水を落とし、濾過槽に落とされた水をポンプで上の水槽に戻して循環させることで濾過をします。

オーバーフロー式は全てのフィルターの中で最も物理濾過・生物濾過能力に優れており、水族館で管理している水槽も多くはこのオーバーフロー式を使用しています。

水槽のフィルター(濾過器)全種類【まとめ】

水槽のフィルターには様々なタイプの製品がありますが、一概にどのフィルターが最も優れているとは言えません。最も優れているフィルターは飼育する生体によって変わる物ですので、飼育している生体に適したフィルターを選んであげる必要があります。

例えば、ネオンテトラグッピーなどの小型魚の水槽には「外部式フィルター」や「底面式フィルター」「スポンジフィルター」が適しています。アロワナポリプテルスなどの大型魚の水槽には濾過能力の高い「外部式フィルター」や「オーバーフロー式」が適しているでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
アクアリウム情報
Petrear