新しい "家族" との出会いを応援します。

グッピーの飼い方|値段・寿命・種類・混泳・飼育に必要な飼育用品は?

熱帯魚|淡水魚

グッピーは熱帯魚の中でも特に知名度が高く幅広い層に根強い人気があり、アクアリウム初心者の方でも簡単に飼育し繁殖をさせることができます。

この記事では、グッピーの飼い方|値段・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品から水槽の立ち上げ方まで、グッピーに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

グッピーってどんな魚?

グッピーの全長
3-6cm

特徴

グッピーは色鮮やかなで大きな尾ビレが特徴的です。

グッピーはオスとメスで外見に大きな違いがあります。オスは色鮮やかで大きな美しいヒレを持っていますが、メスはヒレが小さく地味な体色の個体が多い傾向にあります。

そのため、鑑賞用に飼育されているグッピーはメスよりもオスの方が圧倒的に人気があります。

オスの特徴
  • 小さな体(約3-4cm)
  • 大きな尾ビレ
  • 色鮮やかな体色
メスの特徴
  • 大きな体(約4-6cm)
  • 小さな尾ビレ
  • 地味な体色

グッピーのメスは稚魚を出産をするために多くの体力を必要とすることからオスよりもメスの方が体が大きく成長しやすい傾向にあります。

グッピーの寿命は?

グッピーの寿命
1-4年

グッピーの寿命は約1-4年です。

グッピーは生後2年以内で死んでしまう個体が多い傾向にありますが、適した環境で飼育されたグッピーの中には3-4年以上生きる個体も存在します。

グッピーの寿命は個体によって大きな差はありますが、グッピーが発症しやすい「白点病」や「カラムナリス病」等の病気にならないような環境で飼育することが長生きさせる秘訣になります。

グッピーの値段は?

グッピーの値段
50-3000円

グッピーの値段約50-3000円で購入することができます。

グッピーには沢山の種類がおり、種類によって値段は大きく変動します。

日本各地で開催されるグッピーコンテストで賞を受賞したグッピーの子供や新種のグッピーなど、希少性が高いとされるグッピーは高い値段で販売されています。1匹1万円も超えるような場合も。

グッピーの種類は?

知名度が高くに大変人気のあるグッピーは品種改良が盛んに行われているため、多種多様な色彩とフォルム(形)の個体がおり、中にはメスでも色鮮やかな体色を持っている個体も存在します。

カラーバリエーションが豊富なこともグッピーの人気に拍車をかけている要因でもあります。

外国産グッピー

外国産グッピーの特徴
  • 小さめの尾ビレ
  • 水質の変化に弱い

外国産グッピーは国産で繁殖されたグッピーと比べて小さい尾ビレが特徴的です。

外国産グッピーは、その名の通り外国から輸入されたグッピーのことをいい、国産のグッピーと比べると値段が非常に安くなっていますが、外国産グッピーは日本の水質とは異なる水質で飼育されていたため、日本の水質に馴染むことができずに死んでしまいやすい傾向にあります。

そのため、初めてグッピーを飼育する初心者の方は国産のグッピーを購入しましょう。

国産グッピー

国産グッピーの特徴
  • 大きな尾ビレ

国産グッピーは大きな尾ビレと多彩なフォルムとカラーバリエーションが特徴的です。

国産グッピーはその名の通り国内で繁殖されたグッピーのことをいい、国産グッピーと言っても1品種のことを指す訳ではなく日本で生まれたグッピーはすべて国産グッピーになります。

国産グッピーは外国産グッピーと比べると値段が非常に高くなる傾向にありますが、日本の水質に最も適応しているグッピーなので水質の変化にも強く丈夫で飼育が簡単になります。

フルレッド

フルレッドの特徴
  • 赤色の体色
  • 赤色の眼球

フルレッドはその名の通り全身が真っ赤な体色をしており、眼球までも赤色に染まっています。

フルレッドには明るい赤色をした個体から濃い赤色をした個体まで、発色の仕方には個体によって差があります。また、フルレッドは単色のグッピーの中でも特に人気の高い種類になります。

フルブラック

フルブラックの特徴
  • 黒色の体色
  • 黒色の眼球

フルブラックはその名の通り全身が真っ黒な体色をしており、眼球までも赤色に染まっています。

フルブラックには完全な黒色の体色をした個体から青みの強いグレー色の体色をした個体まで、発色の仕方には個体によって差があります。

ギャラクシーグラス

ギャラクシーグラスの特徴
  • グラス模様
  • 多数の色彩

ギャラクシーグラスはグラスのような細かい模様と豊富なカラーが特徴的です。

ギャラクシーグラスにはレッド、ブルー、ホワイト等のカラーバリエーションが存在します。

etc.

この記事では、個性豊かなグッピーの中から人気のある数種類のグッピーをご紹介しました。

グッピーは国産の個体だけでも全90種類以上存在します。同じ種類のグッピーでも個体によって発色の仕方に差がありますので、グッピーの専門店でお気に入りの一匹を見つけてみてください。

グッピーの飼い方と注意点は?

グッピーの飼育に必要な飼育用品
  • 水槽
  • フィルター(濾過器)
  • ライト
  • ヒーター
  • カルキ抜き
  • 餌(エサ)

飼育に必要な水槽の大きさは?

グッピーを飼育に必要な水槽の大きさは最低30cm規格水槽が必要になります。

30cm以下の水槽でもグッピーを飼育することは可能ですが、30cm以下の水槽は水量が極端少ないため水温や水質が変化しやすくなり水質の管理が難しくなりますので、可能ならば45cm規格水槽や60cm規格水槽といったワンランク大きいサイズの水槽を用意しましょう。

また、水槽に入れることができるグッピーの個体数は水槽のサイズによって異なりますので、水槽に導入することができる適切な個体数は以下を確認にしてください。

水槽サイズ適切な個体数
30cm規格水槽~10匹
45cm規格水槽10-20匹
60cm規格水槽20-40匹
90cm規格水槽40-100匹
【規格・ワイド・キューブ】水槽のサイズ(大きさ)一覧|水量・値段の相場は?
アクアリウムに使用する水槽には、規格水槽・ワイド水槽・キューブ水槽・特注水槽の四種類に分類することができ、各水槽によって形や値段が異なります...

フィルター(濾過器)は何を使う?

グッピーを飼育には底面式フィルターやスポンジフィルターを使用しましょう。

グッピーは水を汚しにくいので外部式フィルターやオーバーフロー式などの特別濾過能力が高いフィルターを用意する必要はありませんが、群泳(複数飼育)をさせる際には濾過不足になってしまう場合もあるため飼育する個体数に合わせてフィルターを選択しましょう。

グッピーは水流が苦手なので水流が発生しにくいフィルターを使用したいところですが、水流が弱いフィルターは濾過能力も低いため水流が強いフィルターはNGという訳ではありませんので、水流が強いフィルターは排水溝の向きを変えて水流が発生しずらいように対応するといいでしょう。

また、30cm水槽には使用できないフィルターもあり選択肢が限られているため注意が必要です。

【濾過器】水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットは?
フィルター(濾過器)は水槽内の水を透明に保つためには必要不可欠な飼育用品であり、フィルターの種類によって濾過性能にも大きな違いがあります。 ...

水温・水質管理

グッピーに適した水質
  • 水温 23-25℃
  • PH 7.0-8.0

水質はグッピーに適した水温23-26℃、PH7.0-8.0(中性-弱アルカリ性)を保ちましょう。

グッピーは低水温と高水温の両方が苦手であり、水温が低すぎると活性が落ち免疫力が落ちてしまいますし、水温が高すぎても活性が落ちてエサ食べる量が少なくなります。

特に夏場は水温が上昇しやすいので地域によってはクーラーを使って水温を下げる必要があります。

また、グッピーは弱アルカリ性のPHが高い水を好むため、サンゴ礁やカキ殻の底砂を使用してPHを高く保つことも大切ですのでソイルや流木などのPHを下降する物は使用しないようしましょう。

【PH調節/管理】水槽のPH(ペーハー)を上げる(下げる)方法は?
淡水魚・汽水魚・海水魚にとって水質(PH)は人間でいう空気と同じであり、魚の飼育を飼育するということは「PHを管理すること」と言っても過言で...

エサは何をあげる?

グッピーには主食に人工飼料をに与え、副食には冷凍アカムシ等の活き餌を与えましょう。

グッピーは人工飼料よりも冷凍アカムシやブラインシュリンプ等の活き餌を好んで食べますが、活き餌は水を汚してしまいやすいため与えすぎないように注意してください。

エサを与える頻度と量

エサを与える頻度は1日2回、2-3分で食べきれる量を与えてください。エサを与えすぎると消化不良を起こしたり、水質の悪化に繋がりますのでエサの与えすぎないようにしましょう。

混泳はできる?

グッピーは他の魚に攻撃を仕掛けることがないため簡単に混泳させることができます。

グッピーは「ネオンテトラ」や「コリドラス」などのグッピーに危害を加える心配のない魚とは相性が非常に良いですが、グッピーを他種の魚と混泳させてしまうとお互いが稚魚や卵を食べるため、グッピーや混泳魚を繁殖させることが非常に難しくなります。

そのため、グッピーや混泳魚の繁殖を考えている場合は必ず別々の水槽で飼育してください。

混泳魚・相性表

混泳魚混泳相性
ネオンテトラ★★★★★
グラミー★★★★★
コリドラス★★★★★
プレコ★★★★★
ミナミヌマエビ★★★★★

混泳が失敗した時のために

熱帯魚の混泳は100%成功するといった事はありません。温厚で攻撃性の無い個体同士を混泳させた場合でも、その中で強弱が生まれてしまい喧嘩やいじめが発生してしまう可能性があります。

そのため、混泳が上手くいかなかった時に隔離用の水槽やセパレートを用意しておきましょう。

グッピー水槽の立ち上げ方は?

1. 水槽・フィルター・ヒーターを設置する。

飼育に必要な飼育用品(水槽・フィルター・ヒーター)を設置しましょう。

レイアウト(底砂・水草・流木)がある場合はこのタイミングで導入してください。

2. 水槽にカルキを抜いた水を入れる。

水槽にカルキ抜きを使用した水を入れましょう。

市販のバクテリア材を使用する場合はこのタイミングで使用してください。

3. 飼育水を循環させて水質を安定させる。

フィルターの電源を付け、生体を入れずに水を2-3日循環させましょう。

既に生体を購入してしまっている場合は次のステップ(生体導入)へ進みましょう。

4. グッピーを水槽へ導入する。

水質が安定したらグッピーを水槽に導入しましょう。

水槽へ導入する時は必ず水合わせを行うようにしてください。

5. 水質が安定するには約1ヵ月かかる。

生体を水槽に導入する前に数日水を循環させることによって水質が安定しますが、たった数日では水槽内に発生する有害物質を分解するバクテリアが繁殖していません。

水槽を立ち上げてからバクテリアが十分に繁殖するには約1ヵ月かかります。

バクテリアが繁殖し水質が安定するまでは水質が変化・悪化しやすくなっていますので、飼育する個体数を増やしすぎたりエサの食べ残しがでないように注意してください。

グッピー飼育【まとめ】

全長3-6cm
寿命1-4年
水温/PH23-25℃/7.0-8.0
遊泳層中層-上層
飼育難易度★★★★★
繁殖難易度★★★★
混泳難易度★★★★
推奨水槽サイズ60cm規格水槽

グッピーの寿命は平均1-2年と少し短命ですが短い寿命を補うために繁殖力がとても強いため、生まれたグッピーの稚魚をすべて隔離して育ててしまうとグッピーが増えすぎてしまい新しい水槽や濾過能力の高いフィルターが必要になってしまいます。

そのため、新しい水槽や濾過能力の高いフィルターを複数用意することができない場合はグッピーの稚魚を隔離して育てるのはやめて自然と育つ生命力の強い稚魚のみに絞って飼育をしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
熱帯魚|淡水魚
Petrear