コウタイの飼い方|値段・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品は?

スネークヘッドの小型種である「コウタイ」は愛好家を中心にとても人気があります。

この記事では、コウタイに関する情報をご紹介します。

コウタイってどんな魚?

コウタイの全長
25-30cm

コウタイは中国や台湾を中心に多くの地域に生息していますが日本にも極少数生息しています。コウタイの体には斑点状の星に見える模様があり「七星魚」とも呼ばれています。

コウタイは原産地によって体の色や模様・顔つきに違いがあることから様々な見た目のコウタイを飼育する愛好家を中心に人気があります。

また、コウタイは他のスネークヘッドと違って屋内での飼育ならばヒーターを使用しなくても飼育することができますし、人にも懐きやすいのでアクアリウム初心者の方にもオススメです。

コウタイの寿命は?

コウタイの寿命
5-10年

コウタイの寿命は約5-10年です。

コウタイが適応できる幅広い水質に対応することができますが、極端な低水温や高水温での飼育は体力を消耗し寿命を短くしてしまうので注意してください。

コウタイの値段は?

コウタイの値段
800-3000円

コウタイの値段は約800-3000円で購入できます。

コウタイの値段は原産地や個体によって大きく変わり、珍しい種類のコウタイは1-5万円と通常よりも高い値段で販売されています。

購入する時の選び方は?

コウタイを購入する際は、痩せている個体は餌を他の個体に取られてしまい食べれずに弱ってしまっていることがあるので元気で太っている個体を選びましょう。

コウタイは原産地によって体色や模様が大きく異なりますので自分好みの個体を探してみるといいでしょう。

コウタイの飼い方


コウタイの飼育に必要な道具(飼育用品)

  • 水槽
  • フィルター(濾過器)
  • ライト
  • ヒーター
  • カルキ抜き
  • 餌(エサ)

飼育に必要な水槽の大きさ

コウタイの飼育に必要な水槽の大きさは最低でも60cm規格水槽が必要になります。

ストレスが無い環境で長生きさせたい場合は60cmワイド水槽や90cm規格水槽等の大きめの水槽を用意してあげるといいでしょう。

フィルター(濾過器)

コウタイを単独飼育している場合は上部式フィルターを使用し、複数飼育や混泳を考えている場合は上部式フィルターに加えて投げ込み式フィルターやスポンジフィルターなどのサブフィルターを追加しましょう。

最もオススメなフィルターは外部式フィルターですが、生体を入れすぎたりエサを無駄を与えすぎなければ上部式フィルターのみで濾過不足になることはないので、資金的に余裕がある場合は外部式フィルターがオススメです。

【濾過器】水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットは?
フィルター(濾過器)は水槽内の水を透明に保つためには必要不可欠な飼育用品であり、フィルターの種類によって濾過性能にも大きな違いがあ...

水温・水質管理

コウタイに適した水質

  • 水温 23-26℃
  • PH 5.5-7.5

コウタイは水温5-28℃と幅広い水温に適応する順応性がありますが、水温が15℃を下回ると水槽の底でジッとしていることが多くなり10℃を下回ると殆ど動かなくなります。

低水温での飼育は活性が大きく落ちエサを殆ど食べることがなりますので、コウタイが元気に泳いでいる姿が見たい方は水温を23-26℃に保ちましょう。

餌(エサ)は何をあげる?

コウタイは人工飼料や子赤、コオロギなど基本的に何でも食べますが、成長に必要な栄養素を効率よくとるために人工飼料をメインに与えてください。

副食には子赤やコオロギ等の生き餌を与えましょう。ミルワームやコオロギ等の昆虫類や人工飼料は個体によって好き嫌いが分かれることがあり一切受け付けない個体も存在しますので、個体にあったエサを選んであげましょう。

混泳はできる?

コウタイを混泳させることは可能ですが、コウタイを含むスネークヘッドは縄張り意識がとても強いので単独での飼育が基本です。

縄張り意識が強いコウタイを2匹で飼育すると高確率で喧嘩が発生します。コウタイはパワーがあるので喧嘩によって片方もしくは両方が大きく傷を負う可能性があります。

コウタイを混泳させる場合は必ず三匹以上で飼育するようにしてください。三匹以上で飼育することによって縄張りを保てなくなり縄張り意識を緩める効果がありますので、三匹以上で混泳させることにとって混泳の成功率が上がります。

コウタイ【まとめ】

全長25-30cm
寿命5-10年
水温/PH23-26℃ / 5.5-7.5
遊泳層底層-中層
飼育難易度普通
繁殖難易度普通
混泳難易度難しい
推奨水槽サイズ60cmワイド水槽

コウタイは他の種類のスネークヘッドと違いヒーターが無くても飼育でき、最大全長30cm程の小さな体のため特別大きな水槽も必要ありませんし、初心者の方でも簡単に飼育できますので、ぜひ飼育にチャレンジしてみてくださいね。

スネークヘッドの飼い方と注意点|特徴・寿命・種類・混泳・値段【まとめ】
スネークヘッドに関する情報(特徴・寿命・種類・混泳・値段)をはじめ、水温や水質、飼育に必要な水槽の大きさ等、スネークヘッドの飼育に役立つ情報をご紹介します。
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
淡水魚

関連ページ

PETREAR(ペットリア)