コツメカワウソの飼い方|値段・寿命・飼育に必要な飼育用品は?

カワウソの中で一番小型な「コツメカワウソ」は、ペットとして飼育することができるカワウソの中で最も飼育が簡単で懐きやすいことから人気が高いカワウソです。

この記事では、コツメカワウソの飼い方|値段・寿命・飼育に必要な飼育用品から飼育する際の注意点まで、コツメカワウソに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

コツメカワウソってどんな動物?

コツメカワウソの全長
60-90cm

カワウソの最小種

コツメカワウソの胴体は40-60cm、尻尾を含めた全長は60-90cm、体重3-6kgに成長しますが、コツメカワウソはカワウソ亜科に属するカワウソの中で一番小さい最小種です。

性格

コツメカワウソの性格
  • 頭が良い
  • 好奇心旺盛
  • 甘えん坊

コツメカワウソは高い社会性を持っており群れを作って行動する習性があり、コツメカワウソは仲間同士で触れ合うことでコミュニケーションをとり信頼関係を深めます。

これは人間に対しても同じことであり、コツメカワウソとの信頼関係を上手に築ければ犬や猫のように触れ合ったりトイレを躾けることも可能です。

最も人気があるカワウソ

コツメカワウソは他の種類のカワウソのように大型に成長せず、比較的飼育が簡単なことからペットとして最も人気があるカワウソです。

日本でペットとして飼育されているカワウソの殆どはコツメカワウソとなっています。

コツメカワウソの寿命は?

コツメカワウソの寿命
12-15年

コツメカワウソの寿命は約12-15年です。

コツメカワウソの寿命は飼育環境によって大きく異なります。野生のコツメカワウソの寿命は約7-10年と飼育下のコツメカワウソよりも寿命は短くなる傾向にあります。

野生のコツメカワウソの寿命が短い原因としては食事が大きく影響しており、食事の栄養バランスが大きく偏っていたり食事から寄生虫に感染しているため寿命が短くなっています。

コツメカワウソの値段は?

コツメカワウソの値段
800,000-1,300,000円

コツメカワウソの値段は約800,000-1,300,000円で購入することができます。

コツメカワウソの値段は近年上昇傾向にあります。値段が大きく上昇している原因としてはテレビ番組やSNSなどでコツメカワウソの露出が増えたことにより、飼育したい人が急激に増え需要が供給を完全に上回ってしまっているためです。

値段が高い理由は?

コツメカワウソは日本に生息していないため海外から輸入する必要がありますが、コツメカワウソはワシントン条約(附属書II)に登録されているため、動物園や研究機関などの明確な理由がない限りは輸入することはできません。

しかし、明確な理由があり許可を得て輸入したコツメカワウソから誕生した子供は、ワシントン条約の影響を受けることなく取引・販売することができます。つまりは、繁殖させた個体しか販売することができないため値段が高くなってしまうという訳です。

コツメカワウソの飼育に必要な飼育用品は?

コツメカワウソの飼育に必要な飼育用品
  1. ケージ
  2. 水浴び用容器
  3. エサ入れ・水入れ
  4. 砂・トイレ

ケージ

コツメカワウソは基本的に放し飼いで飼育するのが最も適していますが、コツメカワウソは好奇心旺盛であり遊ぶことが大好きなので、飼い主が不在の間に家の中で好き勝手にイタズラしてしまうことがあります。

留守の間に危険な物や大事な物を壊してしまったり事故を起こしてしまうことも考えられますので、そういった行動を未然に防ぐためにケージが必要です。

コツメカワウソには専用のケージが存在しませんので大型犬用のケージで代用しましょう。

水浴び用のケース

水浴びはコツメカワウソが体を洗うためだけではなく、ストレスを発散し精神的にリラックスする効果があり、水浴びできない環境での飼育はコツメカワウソに多大なストレスを与えてしまいますので必ず水浴び用のケースを用意してあげましょう。

本来は池やプールのような大きな水場が理想的ですが、大きめの衣装ケースやお風呂の湯船などの大きめの容器でも代用することができます。

エサ入れ・水入れ

エサ入れと水入れは犬猫用の食器を使用しましょう。

お茶碗のような形の底が深いの食器はコツメカワウソがひっくり返してしまいやすいので、食器を選ぶ時は底が深い物は避け、底が浅く幅が広い物を選びましょう。

猫砂・トイレ

コツメカワウソはトイレを覚えることができるため、必ずトイレを用意してあげましょう。カワウソのトイレは猫用のトイレや猫砂、ペットシートなどで代用するといいでしょう。

コツメカワウソのエサは何をあげる?

野生のコツメカワウソは魚類や貝類、甲殻類を主食としていますが、偏った食事をしていると栄養バランスが偏ってしまい寿命にも影響がでてきます。

コツメカワウソには必要な栄養素を効率よく摂取することができる「キャットフード」や「フェレットフード」を主食として与え、生エサは副食として与えるようにしてください。

また、採取してきた魚やザリガニなどを食べさせることもできますが、野生で採取したエサには寄生虫が付着している場合が多く大変危険なので絶対にやめましょう。

寄生虫に注意

コツメカワウソの大好物である魚類や貝類、甲殻類などの生餌には、生きた寄生虫が含まれている場合があります。

寄生虫の中には「アニキサス」などのコツメカワウソの健康に悪影響を与える寄生虫も数多く存在しますので、与えるエサに寄生虫が付着していないかキチンと確認しましょう。

刺身用にサク取り(四角い状態)されている商品の場合は、生きた寄生虫が付着している確率はゼロに等しいので特に注意する必要はありませんが、アジやサバ等の魚を丸ごと内臓付きで販売している物には寄生虫が混入している可能性が高いです。

内臓は特に危険

寄生虫は魚の身にも寄生していますが、身よりも内臓に寄生している割合の方が圧倒的に高いので、コツメカワウソに与える時には必ず内臓を必ず取り除きましょう。特にサバは寄生虫が寄生している確率が非常に高いので絶対に与えないようにしましょう。

また、寄生虫は身の部分にも寄生はしていることがあるので、しっかりと目視で確認しましょう。それでも心配な場合は1日-2日冷凍保存して殺菌処理をしてから与えてください。

一日に必要な餌の量

コツメカワウソが一日に必要とする餌の量はコツメカワウソの体重の約10-15%です。
エサの与えすぎは肥満の原因になり、肥満は病気へと繋がります。

特にコツメカワウソは歳を取るにつれて色々な病気を発症しやすくなっていきますので、毎日の食事はキチンと管理して病気を未然に防ぎましょう。

コツメカワウソの飼い方と注意点は?

消臭・臭い対策

コツメカワウソには「臭腺」があり、悪臭を放つ分泌液を放出します。

この分泌液の臭いは毎日お風呂(水浴び)に入れることによってある程度緩和させることができますが、完全に無臭にすることはできませんので消臭グッズが必要です。

悪臭の元である臭腺は手術によって取り除くことが可能なので、ペットとしてコツメカワウソを飼育する場合は動物病院で臭腺除去手術を受けるといいでしょう。

また、すべての動物病院で臭腺除去手術を受けることが可能なわけではありませんので、事前にコツメカワウソの臭腺を除去することが可能か確認を取りましょう。

毎日水浴びさせよう

野生に生息するコツメカワウソは一日の大半を水辺で過ごしており、水との関わりが深いコツメカワウソは一日水浴びできないだけでもとてもストレスを感じてしまいます。

そのため、毎日1回は水浴びさせてあげる時間を作ってあげる必要があります。

プールのような環境が用意できれば一番良いのですが、基本的にはお風呂の浴槽にぬるま湯を入れて水浴びさせてあげるだけでも十分です。

コツメカワウソと一緒にお風呂に入ることもできるので、お風呂に入りながら遊んであげることでより良い信頼関係を築くことができます。

沢山遊んであげよう

コツメカワウソは高い社会性を持っているため仲間意識がとても強いので、複数(二匹以上)のコツメカワウソを一緒に飼育してあげることができれば理想的ですが、費用やスペースの問題で飼育できないことが多いでしょう。

そういった場合は、飼い主が仲間のカワウソの代わりとなってあげれば問題は解決します。

コツメカワウソは寂しがり屋でかまってちゃんな性格をしている個体が多い傾向にありますので、仲間のカワウソがいない分飼い主さんが仲間の分まで遊んであげましょう。

コツメカワウソ飼育【まとめ】

最近はコツメカワウソを多くの人が飼育するようになってきましたが、ペットとしてはマイナーな動物であり飼育に関する情報も少ないので、何かトラブルが起きた時にはご自身で解決しなくてはなりません。

また、お近くの動物病院がコツメカワウソの診察を必ず受け付けてくれるとは限りませんので事前に診察が可能か確認する必要があり、犬や猫などの一般的な動物より手間がかかりますので、飼育を考えている方は今一度考えなおしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
哺乳類
Petrear