猫をお風呂に入れる手順|頻度やお湯の温度、事前に準備しておくことは?

綺麗好きである猫はグルーミング(毛づくろい)を行い体を綺麗に保っていますが、長期間にわたって猫をお風呂へ入れていないと動物特有の臭いが強く出てきてしまいます。

この記事では、猫をお風呂へ入れる理想的な頻度やお湯の温度など、猫をお風呂へ入れる前に準備・確認しておきたいことをご紹介します。

猫をお風呂に入れる前に準備しておくことは?


猫をお風呂に入れる際に準備するもの

  • ペット用のバスタブ(必要に応じて)
  • ペット用のシャンプー
  • 吸水性の高いタオル
  • ドライヤー

猫をお風呂に入れる前に必ず猫の爪を短くカットしブラッシングをするようにしてください。

ブラッシングは短毛種の猫の場合は特に必要ありませんが、長毛種の猫の場合は事前にブラッシングをしておくことで毛が絡まることなくシャンプーをスムーズ行うことができます。

水を怖がらないお風呂が好きな猫の場合は事前に爪を切る必要性は特にありませんが、水を怖がるお風呂が嫌いな猫の場合は暴れた時に爪を立てて飼い主を引っかいてしまう可能性が高いです。

大半の猫はお風呂に入れると暴れたり逃げたりパニックになってしまうので怪我に注意しましょう。

また、人間用のシャンプーは洗浄力が強く猫の肌に負担がかかってしまうため、必ずペット用のシャンプーを使用するようにしてください。

猫をお風呂に入れる手順(入れ方)は?

猫をお風呂に入れる際にはペット用のバスタブを使う方法とシャワーのみを使う方法があります。

どちらの方法でも問題はないため、飼っている猫ちゃんに適していると思う方を選びましょう。

バスタブを使って洗う手順

  1. バスタブにお湯(35℃前後)を入れます。
  2. バスタブにシャンプーを適量入れて軽くかき混ぜます。
  3. 猫をバスタブに入れ、猫の毛にお湯を染み込ませます。
  4. 泡立てながら体全体をしっかりと洗っていきます。
  5. シャンプーをシャワーで洗い流します(すすぎ残しないように注意)。
  6. 洗い終わったら猫の体にタオルを押し付けるようにして水分をふき取ります。
  7. ドライヤーを使って体全体を乾かして仕上げにブラッシングを行いましょう。

シャワーのみを使って洗う手順

  1. お湯(35℃前後)で猫の体を軽く洗い流します。
  2. 猫の毛がしっかりと水分を含んだらシャンプーを使い洗っていきます。
  3. シャンプーをシャワーで洗い流します(すすぎ残しないように注意)。
  4. 洗い終わったら猫の体にタオルを押し付けるようにして水分をふき取ります。
  5. ドライヤーを使って体全体を乾かして仕上げにブラッシングを行いましょう。

猫をお風呂に入れる頻度の目安は?

猫をお風呂に入れる頻度は短毛種の場合は半年に一度、長毛種の場合は三カ月に一度のペースで定期的にお風呂に入れて綺麗に洗ってあげましょう。

お風呂が好きで自ら湯船の中に入ってくるような猫の場合はお風呂に入ることを無理に止める必要はありませんが、その際は絶対にシャンプーは使用しないようにしてください。

短期間に何度も猫にシャンプーをしてしまうと猫の肌を健康に保つための皮脂を必要以上に奪ってしまい、フケが出るようになったり皮膚病にかかりやすくなってしまいます。

猫をお風呂に入れる手順【まとめ】

猫の中にはお風呂が大好きな子もいますが大多数の猫は水に濡れることを嫌っているため、そういった猫ちゃんをお風呂に入れる時には暴れた時に引っかかれて怪我をしないように注意しましょう。

もしご自身で猫ちゃんをお風呂へ入れることが難しい場合はトリミングサロンでプロに洗ってもらう等の方法も検討してみてもいいかもしれませんね。

この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。

関連ページ

PETREAR(ペットリア)