ブラックゴーストの飼い方|値段・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品は?

ブラックゴーストは小さいながらに迫力があって不思議な泳ぎ方をする熱帯魚として知られており,可愛らしい顔つきから女性のアクアリストからも一定の人気がある熱帯魚です。

この記事では,ブラックゴーストに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

ブラックゴーストってどんな魚?

平均全長最大全長
20-30cm60cm

ブラックゴーストは名前の通り,まるで「黒い(ブラック)幽霊(ゴースト)」のような見た目が特徴的であり,殆どの魚に存在する背ビレが無く,腹ビレをウネウネと波打つように動かし水中を移動します。

デンキウナギの仲間であるブラックゴーストは視力がとても弱く殆ど見えていないため,体表から電気を放電して獲物を感知し,捕捉・捕食する性質があります。

デンキウナギが放つ電力は最大で550ボルトと人間を感電死させてしまう程の電力を有していますが,ブラックゴーストが有している電力は極僅かであり,他の生物へ悪影響を与えることは殆どありません。

自然環境で育ったブラックゴーストは,最大で全長60cm程に成長する大型熱帯魚ですが,水槽内の狭い飼育環境で飼育している場合は最大でも30cm程の大きさで成長が止まってしまう個体が多く,30cm以上に成長する個体は極稀です。

ブラックゴーストの寿命は?

ブラックゴーストの寿命
5-10年

ブラックゴーストは約6-8年程で死んでしまう個体が多い傾向がありますが,喧嘩や病気等のトラブルが無い環境で飼育することによって10年以上生きる場合もあります。

寿命には個体による差があるのは当然ですが,ブラックゴーストに適した飼育環境を用意・管理してあげることで,より寿命を延命することができるといえます。

ブラックゴーストの値段は?

ブラックゴーストの値段
800-2000円

購入するショップによりますが,ブラックゴーストの値段は約800-2000円と比較的安価な値段で購入することができますが,ワイルド個体(自然採取個体)の場合は値段が少し上がり,約2500-4000円程で購入することができます。

ブラックゴーストの飼い方

ブラックゴーストの飼育に必要な飼育用品

  • 水槽
  • フィルター(濾過器)
  • ライト
  • ヒーター
  • カルキ抜き
  • 餌(エサ)

飼育に必要な水槽の大きさ

ブラックゴーストの飼育に必要な水槽の大きさは最低でも60cm規格水槽が必要になります。余裕持った環境でより大きく成長させたい場合は,90cm規格水槽を用意しましょう。

水槽が小さいよりも大きいに越したことはないので,ご自身が用意することが出来る一番大きな水槽が最も適しています。

フィルター(濾過器)

ブラックゴーストは,他の肉食魚のように凄く水を汚す魚ではありません。

余程エサを与えすぎない限りは上部式フィルターのみで濾過能力は十分足りますので,外部式フィルター等の濾過能力が高く高価なフィルターが無くても飼育は可能です。

ただし,濾過能力が非常に高いフィルターは水質が安定にするので,用意できる一番濾過能力が高いフィルターを用意するとよいでしょう。

【濾過器】水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットは?
フィルター(濾過器)は水槽内の水を透明に保つためには必要不可欠な飼育用品であり,フィルターの種類によって濾過性能にも大きな違いがあ...

水温・水質管理

ブラックゴーストに適した水質

  • 水温 25-28℃
  • PH 6.0-8.0

水温はブラックゴーストに適した25-28℃を保ちましょう。

水質に関しては,中性-弱アルカリ性と幅広く対応できます。サンゴ礁などのPHを急激に上昇させるようなモノを使用しない限りは特に問題は起こりません。

【PH調節/管理】水槽のPH(ペーハー)を上げる(下げる)方法は?
淡水魚・汽水魚・海水魚にとって水質(PH)は人間でいう空気と同じであり,魚の飼育を飼育するということは「PHを管理すること」と言っ...

餌(エサ)は何をあげる?

ブラックゴーストは,人工飼料からメダカや子赤などの生き餌まで何でも食べますが,特にアカムシを好んで食べる個体が多い傾向にあります。

ただし,アカムシだけでは成長に必要な栄養素を取る事が出来ずに免疫力が落ちて病気の原因になったり,成長速度が極端に落ちてしまいますので,基本的には人工飼料を主食にし,副食にアカムシや生き餌を与えるようにしましょう。

ブラックゴーストを生き餌やアカムシのみで飼育することは可能ですが,必要な栄養素を効率よく取るためには人工飼料への餌付けは必須と言えます。購入する際はペットショップに「人工飼料に餌付けされているのか」「何の餌を与えているのか」を事前に確認することをオススメします。

繁殖させることはできる?

ブラックゴーストのブリード個体は比較的安価な値段で流通していますが,繁殖方法の詳細が公開されていないため,繁殖方法は不明です。

ただし,ブリード個体が安く・多く流通していることから既に繁殖方法は確立されている可能性が高く,繁殖の方法さえ分かれば比較的簡単に繁殖させることができるのかもしれません。

ブラックゴーストは,一般家庭での繁殖成功例が殆どありません。そのため,ご自身で試行錯誤しながら繁殖方法を探る必要があります。

混泳はできる?

ブラックゴーストは単独飼育が基本になり,ブラックゴーストの口に入るサイズの魚は当然捕食されてしまうので混泳させることは不可能です。

同種間でも混泳は困難であり,ブラックゴーストは常に体表から放電しているため,この電流が同種間では喧嘩の原因になり様々なトラブルを起こします。

90cm以上の大きな水槽でシェルターや水草などの隠れ家を多く入れることで混泳成功率は大きく上がりますが,60cm程の小さな水槽では必ず単独飼育にするか,縄張りを作れないように過密飼育にするのがオススメです。

基本的にはトラブル回避の為に単独飼育が好ましいですが,混泳に100%成功・不可能はありませんので混泳にチャレンジするのも良いでしょう。

混泳にチャレンジする際は必ず,混泳に失敗したときに隔離できるようにセパレーターや別の水槽を用意してから行うようにしてください。

ブラックゴースト飼育【まとめ】

全長20-30cm
寿命5-10年
水温/PH25-28℃/6.0-8.0
遊泳層底層-中層
飼育難易度★★★★★
繁殖難易度★★★★
混泳難易度★★★★★
推奨水槽サイズ60cmワイド水槽

ペットショップで販売されているブラックゴーストは,体が小さな稚魚が販売されている場合が殆どですが,何年も何年も飼育していくとそれなりの大きさに成長しますので飼育は計画的に行いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
熱帯魚|淡水魚
Petrear