猫の留守番は最大何日まで大丈夫?二泊三日までは問題ない?

猫を飼っている時に困る事,それは何日の間か家を空ける必要がある時ではありませんか?

家に猫がいるからといって外泊できない」と思う方もいらっしゃるかと思いますが,猫は犬とは違って孤独に強いため,短期間の間なら家に一匹で留守番させることもできるのです。

この記事では,猫が留守番できる期間や留守番させる際に準備しておくことをご紹介します。

スポンサーリンク

猫は留守番できるの?

子猫をお留守番させることは難しいですが,成猫である場合は特に問題なく留守番させられます。

猫は集団行動よりも一匹で行動していることが多いため,孤独にはある程度の耐性があります。

少々の間飼い主がいないからといってそれを苦に感じることは殆どありませんが,猫の性格によっては飼い主がいないことを苦に感じてしまう場合もあります。

そういった場合は家族や友人などに猫ちゃんを預けるという選択も考えてあげた方がいいでしょう。

猫が留守番できる期間の目安

猫が留守番できる期間の目安となるのが二泊三日です。これ以上の期間(三泊四日以上)家を空けるとなると猫ちゃんにとっても負担が大きくなりますし,エサやトイレなどの心配もあります。

自動的にエサや飲み水が新しい物に入れ替わったり,トイレの掃除をしてくれるような製品がお家にある場合は例外ですが「猫に留守番させる期間は最大で3日」までにしてあげてください。

一泊二日は問題なし

家を空ける期間が短期間(一泊二日)なら猫をお留守番させても全く問題ありません。

猫は孤独よりも環境の変化にストレスを感じる生き物であるため,家を空ける期間が短期間ならば寧ろ家にお留守番させておいた方が猫にとっては喜ばしい事なのです。

二泊三日は少し注意

一泊二日の留守番に猫が慣れている場合は二泊三日でも問題ありませんが,留守番を一度もしたことが無い猫の場合は,飼い主が帰ってことでパニックを起こしてしまうかもしれません。

パニックを起こすと部屋を散らかしてしまうだけではなく,トイレではない場所で排泄をしてしまったりと何時もとは違う行動を取ってしまうことがあるため注意が必要です。

三泊四日以上は難しい

三泊四日以上家を空ける場合は,猫を一匹で留守番させるのはやめた方がいいでしょう。

エサや飲み水,トイレの掃除などの条件が整っており,留守番に慣れている猫ならば三泊四日以上留守番させることに問題はないかもしれませんが,留守番に慣れていない場合はオススメできません。

【まとめ】猫が留守番できるのは二泊三日まで

猫は二泊三日までなら問題なく留守番することができます。勿論,三泊四日以上留守番させようと思えば出来ないこともありませんが,猫にとって長期間の留守番はかなりの負担になります。

そのため,三泊四日以上家を空ける場合は,家族や友人,ペットホテルなどに猫を預けましょう。もし可能ならば猫も一緒に連れて行ってあげるという選択肢も考えてあげるといいでしょう。

猫に留守番させる際に必要な準備と注意点は?給餌器や給水器は必要?
「旅行に行くために家を数日空けなければならない」こんな時,猫を飼っている方には二つの選択肢があります。一つは猫を他人に預かってもら...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
猫|ネコ
Petrear