新しい "家族" との出会いを応援します。

ボタンインコの飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品は?

鳥類

ボタンインコはカラフルな体色と目の周りを縁取ったような白いアイラインが可愛く、人にも懐き飼いやすいことから非常に人気が高くなっています。

この記事では、ボタンインコの飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品から飼育する際の注意点まで、ボタンインコに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

ボタンインコってどんな鳥?

ボタンインコの全長
14-15cm

特徴

ボタンインコは赤いクチバシと色鮮やかなでカラフルな体色、名前の由来にもなった目の周りを囲っている白色のアイリングが特徴的です。

日本では主に「キエリクロボタンインコ」と「ルリコシボタンインコ」の二種類が販売されていますが、どちらの品種も「ボタンインコ」という名前で統一されています。

性格

ボタンインコはツガイ(ペア)の仲がとても良いことから「ラブバード」とも呼ばれていますが、ボタンインコは認めた相手以外に対しては警戒心が強く攻撃的になります。

ボタンインコが「ツガイ」と認識し、仲良くする相手は基本的には異性になりますが、相性合えば同姓同士の場合でも仲良くする姿を確認することができます。

性別

ボタンインコの性別は見た目だけで見分けることは不可能の近いです。

ボタンインコの性別を判断するためには「交尾」や「産卵」を確認する、もしくは尾羽や風切り羽をDNA分析する必要があります。

ボタンインコの寿命は?

ボタンインコの寿命
10-15年

ボタンインコの寿命は約10-15年です。

飼育されているボタンインコの大半は約10-15年の間に寿命を迎え亡くなってしまいますが、ボタンインコに適した環境で飼育することで15年以上生きる個体も存在します。

ボタンインコの値段は?

ボタンインコの値段
8000-12000円

ボタンインコの値段は約8000-12000円で購入することができます。

ボタンインコの値段は種類やカラーによって異なり、希少性が高い珍しいカラーのボタンインコは通常種よりも高い値段で販売されています。

ボタンインコの種類(色変わり)は?

ノーマルボタンインコ

ノーマルボタンインコの特徴
  • 赤色のクチバシ
  • カラフルな体色(緑色・黄色・オレンジ色・黒色等)

ノーマルボタンインコは赤いクチバシと緑色、黄色、赤色のカラフルな体色が特徴的ですが、中には頭部が黒色をしていたりと通常とは異なる体色を持った個体も存在します。

ブルーボタンインコ

ブルーボタンインコの特徴
  • 黒色の頭部と青色の体色
  • ピンク色のクチバシ

ブルーボタンインコは黒色の頭部に青色の体色が特徴的であり、ブルーボタンインコよりも更に濃い青色をした個体は「コバルトブルーボタンインコ」といいます。

コバルトブルーボタンインコは希少性が高く、人気がとても高いので入手は困難です。

シロ(白)ボタンインコ

シロ(白)ボタンインコの特徴

  • 水色の体色に白色の胸回り
  • 白色・グレー色の頭部

シロボタンインコは白色の胸回りと水色の体色が特徴的であり、個体によって白色と水色の占める割合は違います。頭部の色も白色からグレー色と個体により大きな差があります。

ボタンインコの飼育に必要な飼育用品は?

ボタンインコの飼育に必要な飼育用品
  1. ケージ(鳥かご)
  2. パーチ(止まり木)
  3. 水浴び用容器
  4. エサ入れ・水入れ
  5. ヒーター

ケージ(鳥かご)

ボタンインコの飼育に使用するケージが狭すぎるとボタンインコが十分に動き回ることができずに、運動不足になってしまいストレスが溜まってしまいますので、用意できるケージの中で一番大きなケージを用意してあげると良いでしょう。

ボタンインコのケージは以下の条件にマッチしたケージが好ましいです。

  • 塗装されていないケージ・木製のケージ
  • 持ち運びやすく掃除がしやすい形状のケージ
  • 底面積が35cm四方以上、高さは40cm以上

ボタンインコは噛む力がとても強いため、ケージをかじっているうちに塗装を剥がしてしまいますし、剥がれたペンキを誤飲してしまう場合もあります。

塗装をボタンインコが誤飲してしまうと、ペンキに含まれている有害物質がボタンインコに悪影響を与えてしまうことがあり、ペンキを飲み込んだ量によっては最悪の場合亡くなってしまうこと考えられます。

パーチ(止まり木)

パーチ(止まり木)が細すぎるとボタンインコの足場が安定しなくなりますし、パーチが太すぎるとボタンインコが上手に掴むことが難しくなってしまいます。

パーチを入れすぎてしまうと足場が増えすぎてしまって逆に動きずらくなってしまいますので、パーチの本数は余程大きなケージでない限りは1-2本で十分です。

水浴び用容器

ボタンインコは水浴びをして体を清潔に保つため、水浴び用の容器が必要です。

水浴び用の容器はペットショップでも販売されていますが、プラスチックケースや食器、洗面台などの水を溜めることができる物でも代用することができます。

エサ入れ・水入れ

エサ入れ・水入れはケージに付属している物で十分ですが、付属している食器はプラスチック製の物が多く、ボタンインコは噛む力が強いため壊してしまう場合があります。

もし新しく食器を購入する場合は安全で耐久性が高い陶磁器製の食器がオススメです。

ヒーター

温暖な地域に生息するボタンインコは日本の寒い冬に適応することができないため、ヒーターを用意して加温してあげる必要があります。

ヒーターの代用品としてエアコンなどの暖房器具を使うこともできますが、エアコンを使用する場合は24時間付けっぱなしにして部屋の室温管理する必要があり、エアコンよりもヒーターを使用した方が結果的には安上がりになります。

ボタンインコのエサは何をあげる?

ボタンインコの主食には「ペレット」や「シード」を与え、副食には「ニンジン」や「小松菜」等の野菜や「リンゴ」や「バナナ」等の果物を与えましょう。

シード

シードには「あわ」や「ひえ」等の種類が沢山ありますが、ボタンインコには特定の種類のシードを与えるよりも複数のシードがミックスされている「混合シード」を与えるようにしましょう。

混合シード

混合シードには「皮つき混合シード」と「皮なし混合シード」の二種類があります。

皮つき混合シードの特徴
  • 栄養価が高い
  • 皮を剥いて食べる時にケージの周囲に皮が飛び散る
  • 皮を剥く行為がストレス解消になる
皮なし混合シードの特徴
  • 栄養価が低い
  • 皮が無いのでケージの周囲に皮が飛び散らない

どちらの混合シードを選ぶかは飼い主さんの好みで問題ありませんが、皮なし混合シードを主食に与える場合は「パセリ」や「小松菜」などの野菜に与えて足りない栄養素を補う必要があります。

ペレット

ペレットにはシードでは摂取することができない栄養素が豊富に含まれており、ペレットはボタンインコのエサの中で最も栄養バランスに優れているため、主食にペレットを与えているのならば混合シードのように副食に野菜や果物を与える必要は特にありません。

また、ボタンインコの中にはペレットが嫌いな個体も存在するため、そういった個体に対してはペレットを与えることは諦めて混合シードを与えるようにしましょう。

1日に必要なエサの量

ボタンインコの成鳥が一日に必要とするエサの量は体重の10%の量が理想とされています。

ボタンインコの雛の場合は満腹になってエサを食べなくなるまで与えても問題ありません。

エサに殻付きのシードを与える場合は皮を剥いて食べることを想定し、与えるエサの量を1-2割多めに入れてあげましょう。

絶対に与えてはいけないエサ

ボタンインコには以下のような食べ物を絶対に与えてはいけません。

  • アボカド
  • チョコレート
  • コーヒー豆
  • 玉ねぎ
  • ネギ
  • ニラ
  • ニンニク
  • アルコール類

アボカドは特に危険性が高く極少量食べただけでも呼吸困難などの症状を引き起こし、食べた量によっては亡くなってしまうこともあるので注意するようにしてください。

基本的には「人間が食べる物は絶対に与えてはいけない」と覚えるようにして、初めて与える食べ物はボタンインコに与えても問題が無いか事前に調べてから与えるようにしてください。

ボタンインコの飼い方と注意点は?

ケージの設置場所

ボタンインコのケージは、直射日光が当たるような温度変化が激しい場所や出入り口などの頻繁に物音のする場所を避けて設置しましょう。

ケージを設置する場所によってケージ内の室温に大きな差が生まれます。極端な温度変化はボタンインコに大きな負担がかかってしまうため、できるだけ一日を通して環境(室温・湿度)が変わらないような場所にケージを設置するといいでしょう。

温度・室温管理

ボタンインコに適切な室温
  • 約26-29℃

温暖な地域に生息するボタンインコにとって日本は過ごしずらい地域ですので、保温電球やペット用ヒーターを使いボタンインコが快適に過ごせる室温を維持しましょう。

保温性が低いケージを使用している場合はケージ周囲を新聞紙やビニール袋で囲ったり、ケージの上からタオルを被せることで保温性が上昇します。

特にボタンインコの雛は寒さにとても弱いので、夏場でもヒーターが必要になります。

定期的に放鳥しよう

ボタンインコは狭いケージ内では十分な運動が出来ずに運動不足になってしまいます。

運動不足は肥満の原因になり肥満は病気の原因となりますので、定期的にケージの外へ出して自由に運動(放鳥)させてあげる時間をとって運動不足を解消させましょう。

毎日15-30分は運動の時間を用意してあげることが好ましいですが、毎日放鳥を行うことが出来ない場合は2-3日に1回でも良いので必ず運動する時間を与えてあげましょう。

ボタンインコを放鳥するときは、以下のようなことに気を付けましょう。

  • ドアや窓などの戸締まりを確認
  • コンロなど火気を使用していないか
  • 誤飲するような小さな物がないか

キチンと安全を確認した上で放鳥してあげないとボタンインコが怪我をしてしまったり、ロスト(逃げて)しまうようなことにも繋がりかねません。もしロストしてしまうと、誰かに保護してもらった場合を除いて生きて戻ってくる可能性は限りなく0に近いです。

鳴き声・防音対策

ボタンインコの鳴き声はとても大きく、近所迷惑となってしまうこともありますので、鳴き声が出来るだけ小さくなるように防音対策をしましょう。

防音対策としては以下の対策法が有効です。

  • 床や壁など、ケージに接する面に布を敷く
  • 窓とカーテンをキチンと閉める
  • 防音ケージや防音カーテンを使用する

これらの防音対策を行うだけでも鳴き声は格段に小さくなります。それでもまだ鳴き声が気になる場合は防音ケージなどを使用するといいでしょう。

鳴き癖・噛み癖を躾けよう

ボタンインコにキチンと躾けをしないと無駄に鳴き声をあげたり、何にでも噛みついてしまうようになってしまいます。

ボタンインコはエサが欲しい時やケージから出してしてほしい時など、何か要求があるときに鳴いたり噛んだりする傾向があります。この時に要求を叶えてしまうと鳴いたり噛むことで要求が通ると覚えてしまい、鳴き癖や噛み癖がついてしまうのです。

このようなことにならないようにも、ボタンインコが無駄に鳴いて何かを要求するような時は何もせずに放置することが大切です。そして鳴かないようになったら要求に答えてあげることで静かにしたら要求が通ると覚えさせることができます。

複数飼育には向かない

ボタンインコはペアの仲がとても良いことでも知られていますが、ボタンインコを複数で飼育してしまうとボタンインコ同士で仲良くなってしまいます。

これだけならば特に問題はなく微笑ましいことですが、ボタンインコ同士の仲が良すぎて肝心の飼い主は蚊帳の外なんて状況になってしまうこともあります。

ボタンインコの繁殖を目的としていたり、ボタンインコと触れ合うことはあまりしたくないといった場合は複数飼育でも問題ありませんが、ボタンインコと沢山遊んだり可愛がりたいと思う方は必ず単独で飼育しましょう。

ボタンインコ飼育【まとめ】

全長14-15cm
寿命10-15年
値段8,000円-12,000円
人気度★★★★★
飼育難易度★★★★★

ボタンインコの飼育は決して難しいわけではなく、セキセイインコと同じように初めてインコを飼育する初心者の方にもオススメな品種です。

ですが、キチンと躾けをして育ててあげないとヤンチャでワガママな子になってしまいますので、ダメなことはダメと教えながら飼育してあげることが何より大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
鳥類
Petrear