新しい "家族" との出会いを応援します。

フクロウ(ミミズク)の飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品は?

鳥類

近頃では猫と触れ合える猫カフェならぬ、フクロウと触れ合うことができる「フクロウカフェ」が誕生したりとフクロウの人気は徐々に上昇している傾向にあります。

この記事では、フクロウ(ミミズク)の飼い方|値段・種類・寿命・飼育に必要な飼育用品からフクロウを飼育する際の注意点まで、フクロウに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

フクロウってどんな鳥?

フクロウの全長
15-70cm

特徴

フクロウはタカやハヤブサと同じ猛禽類であり、獲物(小型哺乳類・鳥類・昆虫等)を狩るために鋭く尖った鉤爪とクチバシを持っており、眼球と首の骨がとても発達しています。

フクロウの大きくて丸い目は暗闇の中でも昼間と変わらずに視覚を確保することができ、柔軟な首を使い特定の場所から一切動くことなく全方向(360℃)を目視することができます。

詳しくはフクロウの首が360℃回転するわけではなく、左方向と右方向に最大270℃まで回転させることができます。

性格

フクロウの性格
  • 頭が良い
  • 好奇心旺盛

フクロウの性格は個体によって大きく異なり、フクロウが育った環境によって変化します。

フクロウは頭が良いため、自分が経験したことを雛の時期から記憶しています。そのため、フクロウに愛情を持って育ててあげることによって人間にも懐かせることができます。

ただし、人間に触れ合うことなく成鳥になったフクロウは人間に対して強い警戒心を持っているため攻撃的になりますので、野生のフクロウを懐かせることはかなり難しいでしょう。

生息地

フクロウは主に「中央アジア」と「東アジア」を中心としたアジア地域に生息しています。

フクロウはアジア以外の地域にも生息することができますが、フクロウは定住性がとても強く同じ場所に留まり続けるため、海を越えて他の地域へ移動することはありません。

また、フクロウは日本の四国、本州、北海道にも生息していますが、日本に住んでいるフクロウの数は限りなく少ないため見かける機会は殆どありません。

日本に生息するフクロウは「エゾフクロウ」「キュウシュウフクロウ」「モミヤマフクロウ」「フクロウ」の計4亜種が確認されています。

夜行性と昼行性

フクロウの殆どは夜から夜中にかけて活動して昼間は眠る夜行性ですが、中には人間と同じように朝から昼にかけて活動して夜には眠りにつく昼行性のフクロウを存在します。

フクロウとミミズクの違いは?

フクロウとミミズクの違いは一般的には「羽角」の有り無しで決定します。

  • 「ミミズク」は羽角のある
  • 「フクロウ」は羽角がない

しかし、羽角が付いているのにも関わらず名前に「フクロウ」と付いているミミズクも複数存在します。そのため、フクロウとミミズクの明確な違いはありません。

フクロウの寿命は?

フクロウの寿命
10-25年

フクロウの寿命は約10-25年です。

フクロウの寿命は種類によって大きく変わり、基本的には以下のように体が小さなフクロウは寿命が短く、体が大きく成長するフクロウは寿命が長くなる傾向にあります。

  • 「アカスズメフクロウ」のような小型のフクロウの寿命は約10-15年/最長20年以上
  • 「うさぎフクロウ」のような中型フクロウの寿命は約15-20年/最長25年以上
  • 「シロフクロウ」のような大型フクロウの寿命は約20-25年/最長30年以上

全体的にフクロウの寿命はとても長いですが、フクロウに適した環境で大切に愛情を持って育ててあげることで更に長生きさせることも可能です。

フクロウの値段は?

フクロウの値段
150,000-700,000円

フクロウの値段は約150,000-700,000円で購入することができます。

フクロウの値段は種類によって大きく変わります。小型のフクロウは比較的安価で販売されていますが、大型に成長するフクロウは最低でも300,000円以上と非常に高額になります。

フクロウの種類は?

アカスズメフクロウ

アカスズメフクロウの全長アカスズメフクロウの値段
17-20cm200,000-400,000円
アカスズメフクロウの特徴&性格
  • 茶色&白色の羽根
  • 後頭部にある黒い目のような模様
  • 臆病・神経質

アカスズメフクロウは主に「アメリカ」や「メキシコ」に生息しており、フクロウとしては珍しく朝から昼にかけて活動する昼行性のフクロウです。

アカスズメフクロウの全長は最大20cmと世界最小のフクロウであるため、小さなスペースでも飼育することが可能ですが神経質な性格をした個体が多い傾向にあり、他の種類のフクロウと比べると人に懐きにくいです。

アカスズメフクロウの性格には当然個体差があり、中には気が強く攻撃的な個体もいれば人にベッタリと甘えてくるような甘えん坊な個体もいます。

コキンメフクロウ

コキンメフクロウの全長コキンメフクロウの値段
20-23cm200,000-400,000円
コキンメフクロウの特徴&性格
  • 茶色&白色の羽根
  • 神経質・警戒心が強い

コキンメフクロウは主に「ヨーロッパ」や「北アフリカ」「中国」などの東南アジア地域を中心に多く生息しています。

コキンメフクロウは活発で元気な個体が多く日中も活動しますが、コキンメフクロウの性格は神経質で少し攻撃的な一面を持っているので人に懐かせるには時間が必要です。

しかし、時間をかけてコキンメフクロウと信頼関係を築くことによって人間に懐かせることも可能であり、非常に懐くと名前を呼ぶことで飼い主の元に寄ってきてくれます。

アフリカオオコノハズク

アフリカオオコノハズクの全長アフリカオオコノハズクの値段
20-25cm200,000-300,000円
アフリカオオコノハズクの特徴&性格
  • 灰色の羽根とオレンジ色の眼球
  • 臆病・神経質

アフリカオオコノハズクは主にサハラ砂漠以南のアフリカに生息しており、驚いたり危険を察知すると体を気のように細くして擬態するフクロウとしても有名です。

アフリカオオコノハズクの性格は臆病で神経質な個体が多い傾向にあり、飼育環境によるストレスが死因となるケースとても多いため他のフクロウに比べて飼育難易度が高いです。

アフリカオオコノハズクは天敵に見つけたり「自分に危険が及ぶ」と感じている時のみ擬態を行うため、アフリカオオコノハズクが擬態している時は強いストレスを感じています。

ウサギフクロウ

ウサギフクロウの全長ウサギフクロウの値段
30-40cm350,000-450,000円
ウサギフクロウの特徴&性格
  • ライトブラウン色&白黒色の羽根
  • ウサギのような羽角
  • 気性が荒い・神経質

ウサギフクロウは名前の由来にもなっているウサギのような長い羽角が特徴的です。

フクロウの多くは崖や木の上に巣を作る習性がありますが、ウサギフクロウは他のフクロウとは違って草の上に巣を作る習性があります。

ウサギフクロウは気性が荒く神経質な性格をしており、飼い主を威嚇をしたりと攻撃的な個体が多い傾向にあるので、フクロウに合わせた環境で飼育してあげる必要があります。

オナガフクロウ

オナガフクロウの全長オナガフクロウの値段
35-40cm350,000-450,000円
オナガフクロウの特徴&性格
  • 長い尻尾と黄色い眼球
  • 神経質・警戒心が強い

オナガフクロウは「ヨーロッパ」「中国北部」「ロシア南部」「カナダ」などの幅広い地域に生息しており、名前の由来になっている長い尻尾が特徴的です。

オナガフクロウはフクロウとしては珍しい昼行性なので、人間と同じ生活リズムで飼育をすることができますが、オナガフクロウの性格は神経質で警戒心が強いため時間をかけて人間に慣れさせていく必要があります。

シロフクロウ

シロフクロウの全長シロフクロウの値段
50-65cm400,000-700,000円
シロフクロウの特徴&性格
  • 白黒色の羽根と黄色い眼球
  • オスとメスで異なる羽模様
  • 気性が荒い・攻撃的

シロフクロウは北極圏のツンドラ地帯に生息しており、映画「ハリーポッター」にも出演したことから最も知名度があるフクロウといってもいいでしょう。

シロフクロウはオスとメスで体の模様が異なります。オスのシロフクロウは真っ白な羽根をしていますが、メスのシロフクロウは黒色の斑模様が全体的に入っています。

また、シロフクロウは極寒地域に生息していることから寒さには非常強いですが、逆に暑さには耐性がないため日本で飼育する場合はエアコンを使い室温を低く保つ必要があります。

シロフクロウの性格は気性が荒く攻撃的であり、フクロウ中でも特に大型に成長する品種なので飼育はかなり難しく、一般家庭では不可能に近いです。

アメリカワシミミズク

アメリカワシミミズクの全長アメリカワシミミズクの値段
50-65cm400,000-700,000円
アメリカワシミミズクの特徴&性格
  • 黒色&ライトブラウン色の羽根
  • オレンジ色の眼球
  • 警戒心が強い・家族思い

アメリカワシミミズクは北アメリカに生息する全鳥類の中で「最強の鳥」とされており、握力がとても強く狩りの能力も極めて高いため、人間も狩りの対象となる場合もあります。

実際にアメリカワシミミズクの巣で幼児の頭蓋骨が発見されていたり、通学中の児童が突然襲われて深い傷を負ってしまったという記録も残っています。

しかし、アメリカワシミミズクは家族思いで愛情が強いフクロウでもあり、信頼した相手ならばそれが人間であろうと狩りの対象の動物であろうと関係なく愛情を示します。

フクロウの飼育に必要な飼育用品は?

フクロウの飼育に必要な飼育用品
  1. ケージ
  2. パーチ(止まり木)
  3. アンクレット
  4. ジェス
  5. リーシュ
  6. 水浴び用容器
  7. トイレシート
  8. 爪切り
  9. ファルコングローブ
  10. キャリーバック

ケージ

フクロウを「係留飼育」や「放し飼い」にする場合はケージを用意する必要はありませんが、ケージ内でフクロウを飼育をする場合は運動不足になってストレスが溜まらないように大きなケージを用意してあげる必要があります。

フクロウに必要なケージの大きさはフクロウの全長によって大きく異なります。

  1. 20cm以下のフクロウは、縦横奥行き60cm以上のケージが目安です。
  2. 30cm以下のフクロウは、縦横奥行き90以上のケージが目安です。
  3. 40cm以上のフクロウは、縦横奥行き120cm以上のケージが目安です。

フクロウをケージで飼育する場合は全長の3-4倍以上のケージが必要になります。

パーチ(止まり木)

パーチ(止まり木)は木の上で生活するフクロウにとって必須の飼育用品です。

パーチには棒状になっている一般的な物からブロックやブリッジ状になっている物まで、様々な種類のパーチがありますがパーチが太すぎたり細すぎると足場が安定しないため、飼育しているフクロウのサイズに合った大きさのパーチを選びましょう。

パーチは市販品を購入する以外にも自作(手作り)をすることもできるので、家にパーチに出来そうな材料があれば自ら作成するのも一つの手です。

アンクレット

アンクレットとは犬につける首輪のようにフクロウの足元へ付ける足革のことをいいます。

アンクレットは「係留飼育」や「放し飼い」をする際に必須であり、フクロウを散歩に連れていく際にもロスト(逃げる)防止のためにキチンと装着させる必要があります。

アンクレットは天然素材である革(レザー)で作られた製品が多く、革は他の材質と比べて劣化するのが早く壊れやすいので半年から1年に一度買い替える必要があります。

アンクレットは必ずフクロウの足の大きさに合ったサイズの物を選びましょう。アンクレットが大きすぎると外れやすくなってしまいますし、小さすぎると足がきつく締め付けられるため血流が悪化し転倒の原因になります。

ジェス

ジェスはアンクレットに取り付けて使用します。ジェスにはロープ製と革製(レザー)の二種類の製品がありますので、以下の情報を参考に飼育者の好みで選択してください。

ロープ製

ロープ製のジェスは、ジェスとリーシュがセットになっている一体型です。

ロープ性のジェスは主に係留飼育で使われることが多く、革製のジェスと比べて劣化しずらいため長期間使用し続けることができます。

革製(レザー)

革製のジェスは、ジェスとリーシュを分離することが可能な分離型です。

革製のジェスは主に放し飼いでフクロウを飼育している方やフライトトレーニング(訓練)をしている方を中心に多く使われています。

革製のジェスは各パーツが個別に交換することができるため、壊れてしまったらジェスの一部のみを交換することが可能ですが、ロープ製と比べて劣化しやすいため半年から1年に一度新品のジェスに交換する必要があります。

リーシュ

リーシュはジェスに取り付けて使用する、犬で例えるならばリードのような物です。

リーシュが太すぎるとフクロウに負荷がかかってしまいストレスが溜まってしまいますので、リーシュはフクロウの大きさの合った太さの物を選ぶようにしましょう。

水浴び用容器

フクロウは水浴びをして体に付着した汚れを落とす習性がありますので、水浴びができるようにタライや衣装ケースなどの水浴び用の容器を用意してあげましょう。

フクロウをお風呂場に連れ込むことに抵抗がないのならば浴槽でも問題ありません。

トイレシート

基本的にフクロウはトイレを覚えることができませんので、ケージ内飼育ならばケージの中へ、係留飼育や放し飼いならばフクロウの下へトイレシート設置する必要があります。

トイレシートは「新聞紙」や「古雑誌」でも代用することができますが、トイレシートと比べると吸水性が低く消臭効果もありませんのでトイレシートが望ましいでしょう。

爪切り

爪切りはフクロウのクチバシや爪をお手入れする際に必要になりますので、犬用のニッパー式の爪切りを用意しましょう。

人間用の爪切りは小さすぎて、フクロウのクチバシや爪をカットすることができません。

ファルコングローブ

体の大きなフクロウは掴む力がとても強いため、移動させたり動物病院へ連れて行く際には「ファルコングローブ」という専用のグローブが必要になります。

体の小さなのフクロウの場合は掴む力が弱いので手袋や軍手でも代用できます。

キャリーバック

キャリーバックはバスや電車に乗る時や動物病院に連れていくときに必要になります。

一般的なキャリーバックは通気性を良くするためにサイドに隙間が空いていますが、この隙間にフクロウの羽が挟まってしまって痛めてしまうことがあるため、隙間の空いていないキャリーバックを使用するか段ボールなどで隙間を目張り(穴を塞ぐ)しましょう。

フクロウにとってお家以外は全く知らない世界であり、知らない人にジロジロと見られることにストレス感じます。ストレスをできる限り軽減するためにはキャリーバックの中から外が見えないようにしましょう。

フクロウの飼い方と注意点は?

飼育スタイルは三種類ある

フクロウの飼育方法は大きく分けて以下の三種類に分けることができます。

  1. ケージ内飼育
  2. 係留飼育(けいりゅうしいく)
  3. 放し飼い

ケージ内飼育

ケージ内飼育はケージ中で飼育する方法であり、主にハムスターやインコなどの小型動物を飼育するの際によく利用されています。

ケージ内飼育はフクロウを最も安全に飼育することができますが、ケージが小さいと自由に動くことができずに係留飼育や放し飼いと比べるとストレスを感じやすいのが欠点です。

係留飼育

係留飼育は「ケージ内飼育」と「放し飼い」の中間に位置する飼育方法です。

係留飼育をするにはフクロウの足にアンクレット」「ジェス」「リーシュ」を取り付ける必要があり、係留飼育は外飼いの犬などに当てはまります。

係留飼育のメリットとしてはフクロウがある程度自由に行動することができるため、フクロウにかかるストレスをできる限り軽減することができ、放し飼いのように部屋中を飛び回ることがないので掃除が簡単になります。

放し飼い

放し飼いは主に猫の飼育に多く利用されている飼育方法であり、部屋の中をフクロウが自由飛び回れるためストレスが溜まることなく伸び伸びと育つことができます。

フクロウを放し飼いにするデメリットは以下の通りです。

  1. 部屋を自由に移動できるので誤飲や火傷などの事故の恐れがある
  2. 色々な場所で排泄するので掃除が大変になる
  3. 雨戸をあけた拍子に逃げ足してしまったりとロストしやすい

放し飼いはフクロウのことを考えると最も適している飼育方法ですが、人間の都合を考えると少し戸惑ってしまうことも多いでしょう。

定期的に爪をカットしよう

野生に生きるフクロウは木々を渡り歩くうちに自然と爪が削れますが、飼育下のフクロウは行動が制限されていることが多いため爪が十分に削れずに伸び続けてしまいます。

フクロウの爪を長期間カットしないと伸びすぎた爪が足の裏に突き刺さってしまいますし、フクロウを手や腕に乗せた時に爪が食い込んで痛みを感じるでしょう。

爪が伸びすぎているとフクロウ自身にも悪影響を及ぼしますし、我々人間にとっても危険ですので最低でも3ヵ月に1回、できれば1ヵ月に1回は爪のカットをしてあげましょう。

誤飲や感電などの事故に気を付けよう

フクロウは部屋に置いてある小さな小物や玩具を誤飲してしまうことがあります。

フクロウが消化することができないような物を飲み込んでしまった場合には中毒症状腸閉塞を起こす危険性があり、誤飲に気づかずに放置してしまった場合は死因となってしまうこともありますので注意してください。

また、誤飲の他にも感電や火傷等フクロウを部屋を部屋に放す際には様々な事故が起こりえますので、フクロウに危険が及ぶものは部屋に置かないように配慮がする必要があります。

ロスト(迷子)しないように

フクロウを放し飼いにしている場合はロスト(迷子)に気を付けましょう。

フクロウはタカやハヤブサと同じように訓練することで、フライト後に飼い主の腕に戻ってくるように躾けをすることは可能ですが、訓練されていないフクロウは飼い主の元へ戻ってくる可能性は低く、飼い主の元へ戻ることなくどこかへ飛び去ってしまいます。

フクロウのロスト(迷子)対策としては、以下の事に気を付けるようにしてください。
  • フクロウを部屋に放す時は必ず窓を閉めて鍵をかけて戸締まり確認する
  • フクロウと外出(据え回し・動物病院)する時には必ずリーシュ(紐)を付ける
ペットと飼育されてきたフクロウは獲物を狩る方法を知りませんので、本来は獲物であるはずの動物(カラスなど)に虐められてしまうこともあり、野生で生き残ることができませんので絶対にロストしないように注意しましょう。

フクロウ飼育【まとめ】

全長20-70cm
寿命10-30年
値段150,000円-700,000円
人気度★★★★
飼育難易度★★★★

近頃日本ではフクロウを飼育する人の数が急激に上昇していますが、飼育にそれなりの場所と費用が掛かることからペットショップでも販売数が少ない珍しい動物です。

そのため、何かフクロウに問題が起きてしまっても慌てずに対処できるように、事前にフクロウの飼育や病気に関する事に調べておき知っておくことも大切ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
鳥類
Petrear