新しい "家族" との出会いを応援します。

レインボースネークヘッドの飼い方|値段・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品は?

熱帯魚|淡水魚

スネークヘッドの入門種としても知られているレインボースネークヘッドは、初心者から熟練者、愛好家から一定の人気のある肉食性の熱帯魚です。

この記事では、レインボースネークヘッドの値段・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品から水槽の立ち上げ方まで、レインボースネークヘッドに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

レインボースネークヘッドってどんな魚?

レインボースネークヘッドの全長
15-20cm

スネークヘッドの中でも最も小型の部類に入るレインボースネークヘッドの体色は、とてもカラフルで色鮮やかな色をしていますが、この体色は現産地によって大きく異なっており別の種類のスネークヘッドに間違えられることもあります。

原産地によって個体の体色や模様、顔付きに差があることから自分好みの個体を選ぶことができるためアクアリウム初心者から熟練者まで幅広い層に人気があります。

レインボースネークヘッドは非常に飼育者に懐き、大型化せずに小柄で飼育しやすい事からアクアリウム初心者の方にも簡単でも飼育することができます。

レインボースネークヘッドと似ている魚に、「ニューレインボースネークヘッド」や「ブルーレインボースネークヘッド」という名前のスネークヘッドがいますが体色以外はレインボースネークヘッドとすべて同じであり飼育方法にも違いはありません。

レインボースネークヘッドの寿命は?

レインボースネークヘッドの寿命
5-10年

レインボースネークヘッドの寿命は約5-10年です。レインボースネークヘッドは6-8年程で亡くなってしまう個体が多く10年以上生きる個体は少ないです。

レインボースネークヘッドに与えるエサの栄養バランスが極端に偏っていると免疫力が低下し、水槽が狭く十分に泳ぎ回ることができないとストレスを溜まってしまいます。

このような事の積み重ねると寿命を縮めてしまうことに繋がるのでキチンと管理された環境で飼育することが長生きさせる秘訣になります。

レインボースネークヘッドの値段は?

レインボースネークヘッドの値段
1000-3000円

レインボースネークヘッドの値段は約1000-3000円で購入することができます。

レインボースネークヘッドのブリード(人工繁殖)個体は安価で販売されていますが、ワイルド(自然採取)個体はブリード個体の2-3倍以上の値段で販売されています。

また、現産地によっても値段は大きく変動します。

購入する時の注意点は?

レインボースネークヘッドを購入する時は、一匹ずつ別の水槽で管理されているショップであれば安心して購入できますが、一つの水槽に複数匹を入れて販売しているショップでは必ず個体を指定して購入しましょう。

エサが食べれずに痩せて弱っていたりヒレ裂けてしまっている個体は避け、お腹が程よく膨らんでいて泳ぎ回っている元気な個体を選びましょう。

レインボースネークヘッドの飼い方

レインボースネークヘッドの飼育に必要な飼育用品
  • 水槽
  • フィルター(濾過器)
  • ライト
  • ヒーター
  • カルキ抜き
  • 餌(エサ)

飼育に必要な水槽の大きさは?

レインボースネークヘッドの飼育に必要な水槽は最低45cm規格水槽が必要です。適した飼育環境で長生きさせたい場合は60cm規格水槽がオススメです。

小さな水槽は水量が少なく水質の変化が大きく管理が大変になりますが、水量が多い大きな水槽は水質が安定しやすいので初めてレインボースネークヘッドを飼育する方は水質が安定しやすい60cm規格水槽以上の水槽を使用するといいでしょう。

【規格・ワイド・キューブ】水槽のサイズ(大きさ)一覧|水量・値段の相場は?
アクアリウムに使用する水槽には、規格水槽・ワイド水槽・キューブ水槽・特注水槽の四種類に分類することができ、各水槽によって形や値段が異なります...

フィルター(濾過器)は何を使う?

レインボースネークヘッドを単独飼育する場合は上部式フィルターを使用し、複数飼育や混泳を考えている場合は濾過能力の高い外部式フィルターがオススメです。

フィルターを使用する際には出来る限り水槽上部に隙間を作らないようにしてください。隙間を作ってしまうとその隙間からスネークヘッドが飛び出してしまう可能性があるので、隙間がある場合は必ず濾材やスポンジ等を詰めて塞ぎましょう。

【濾過器】水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットは?
フィルター(濾過器)は水槽内の水を透明に保つためには必要不可欠な飼育用品であり、フィルターの種類によって濾過性能にも大きな違いがあります。 ...

水温・水質管理

レインボースネークヘッドに適した水質
  • 水温 25-28℃
  • PH 5.5-7.0

水温はレインボースネークヘッドに適した25-28℃、PHは5.5-7.0を保ちましょう。

30℃を超えるような高水温はレインボースネークヘッドの飼育には適しませんので夏場には高水温にならないような場所に設置したりエアコンやファンなどで高水温にならないように対策をしましょう。

レインボースネークヘッドに適した低めのPHを好むのでPHを上昇させてしまう効果があるサンゴ礁等は使用しないようにしてください。

【PH調節/管理】水槽のPH(ペーハー)を上げる(下げる)方法は?
淡水魚・汽水魚・海水魚にとって水質(PH)は人間でいう空気と同じであり、魚の飼育を飼育するということは「PHを管理すること」と言っても過言で...

餌(エサ)は何をあげる?

レインボースネークヘッドは人工飼料や金魚、ミルワームやコオロギと何でも食べます。

レインボースネークヘッドは生き餌を好んで食べる個体が多い傾向にあり、生き餌ばかりを与えていると人工飼料を食べてくれなくなってしまう場合もあるので人工飼料を主食、生き餌は副食として与えてください。

ショップでレインボースネークヘッドを購入する際は、必ずショップで与えているエサと人工飼料に餌付けされているのか確認しましょう。その個体に合ったエサを選び、栄養バランスよくエサ与えていくことが寿命を延ばすことに繋がります。

混泳はできる?

レインボースネークヘッドは縄張り意識が強いため基本的に単独飼育がオススメです。

もし混泳を考えている場合は必ず三匹以上で飼育するようにしてください。三匹以上で飼育することによって縄張りを保てなくなり縄張り意識が薄くなる傾向があります。

すべての混泳に100%は成功するようなことはありませんので、混泳をするときは必ず混泳が失敗したときのために隔離する水槽やセパレーターを必ず用意しましょう。

【混泳魚】混泳難易度
アロワナ★★★
オスカー★★★
スネークヘッド★★★
ダトニオ★★★
淡水エイ★★★
プレコ★★
ポリプテルス★★

レインボースネークヘッド水槽の立ち上げ方

1. 水槽・フィルター・ヒーターを設置する。

レインボースネークヘッドの飼育に必要な飼育用品(水槽・フィルター・ヒーター)を設置しましょう。

レイアウト(底砂・水草・流木)がある場合はこのタイミングで導入してください。

2. 水槽にカルキを抜いた水を入れる。

水槽にカルキ抜きを使用した水を入れましょう。市販のバクテリア材を使用する場合はこのタイミングで使用してください。

3. 飼育水を循環させて水質を安定させる。

フィルターの電源を付け、生体を入れずに水を2-3日循環させましょう。既に生体を購入してしまっている場合は次のステップ(生体導入)へ進みましょう。

4. レインボースネークヘッドを水槽へ導入する。

レインボースネークヘッドを水槽に導入しましょう。レインボースネークヘッドを水槽へ導入する時は必ず水合わせを行うようにしてください。

5. 水質が安定するには約1ヵ月かかる。

生体を水槽に導入する前に数日水を循環させることによって水質が安定しますが、たった数日では水槽内に発生する有害物質を分解するバクテリアが繁殖していません。

水槽を立ち上げてからバクテリアが十分に繁殖するには約1ヵ月かかります。

バクテリアが繁殖し水質が安定するまでは水質が変化・悪化しやすくなっていますので、飼育する個体数を増やしすぎたりエサの食べ残しがでないように注意してください。

レインボースネークヘッド飼育【まとめ】

全長15-20cm
寿命5-10年
水温/PH25-28℃/5.5-7.0
遊泳層底層-中層
飼育難易度★★★★★
繁殖難易度★★★★★
混泳難易度★★★★★
推奨水槽サイズ60cm規格水槽

レインボースネークヘッドはスネークヘッドの最小種だから小さな水槽でも飼育できるけど、縄張り意識が強いから混泳には注意が必要だよ。

スネークヘッドの飼い方|種類・値段・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品は?
スネークヘッドは日本にも生息しており「雷魚(ライギョ)」と呼ばれています。日本には地味な色のスネークヘッドしか生息していませんが世界中に生息...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
熱帯魚|淡水魚
Petrear