ドワーフスネークヘッドの飼い方|値段・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品は?

熱帯魚|淡水魚

この記事では、ドワーフスネークヘッドの飼い方|値段・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品から水槽の立ち上げ方まで、ドワーフスネークヘッドに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

ドワーフスネークヘッドってどんな魚?

ドワーフスネークヘッドの全長
20cm

ドワーフスネークヘッドは、中国・インド・タイ・台湾等のアジア地域に広く分布しており原産地によって体色や模様に個体差があります。

ドワーフスネークヘッドは飼育する水質・環境によって体色の濃さを変える性質があり、目の色を変える個体も存在します。

また、ドワーフスネークヘッドは「レインボースネークヘッド」と同じく小型のスネークヘッドで水質の悪化にも強いことからスネークヘッドの入門種としても人気があります。

ドワーフスネークヘッドの寿命は?

ドワーフスネークヘッドの寿命
5-10年

ドワーフスネークヘッドの寿命は約5-10年です。

ドワーフスネークヘッドの値段は?

ドワーフスネークヘッドの値段
1000-3000円

ドワーフスネークヘッドの値段は約1000-3000円で購入することができます。

ドワーフスネークヘッドの飼い方

ドワーフスネークヘッドの飼育に必要な飼育用品
  • 水槽
  • フィルター(濾過器)
  • ライト
  • ヒーター
  • カルキ抜き
  • 餌(エサ)

飼育に必要な水槽の大きさは?

ドワーフスネークヘッドの飼育には最低45cm規格水槽が必要になります。余裕を持った環境で飼育したい場合は60cm規格水槽がオススメです。

【規格・ワイド・キューブ】水槽のサイズ(大きさ)一覧|水量・値段の相場は?
アクアリウムに使用する水槽には、規格水槽・ワイド水槽・キューブ水槽・特注水槽の四種類に分類することができ、各水槽によって形や値段が...

フィルター(濾過器)は何を使う?

ドワーフスネークヘッドを単独飼育する場合は上部式フィルターを使用し、複数飼育や混泳を考えている場合は濾過能力の高い外部式フィルターを使用しましょう。

【濾過器】水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットは?
フィルター(濾過器)は水槽内の水を透明に保つためには必要不可欠な飼育用品であり、フィルターの種類によって濾過性能にも大きな違いがあ...

水温・水質管理

ドワーフスネークヘッドに適した水質
  • 水温 24~26℃
  • PH 6.5~7.5

水質はに適した24~26℃、PH6.5~7.5を保ちましょう。

ドワーフスネークヘッドは水温が30℃を超える高水温には耐えることができずに体調を崩したり亡くなってしまう個体もいるので注意してください。

【PH調節/管理】水槽のPH(ペーハー)を上げる(下げる)方法は?
淡水魚・汽水魚・海水魚にとって水質(PH)は人間でいう空気と同じであり、魚の飼育を飼育するということは「PHを管理すること」と言っ...

餌(エサ)は何をあげる?

ドワーフスネークヘッドのエサは主食に人工飼料を与え、副食に生き餌を与えましょう。

生き餌は子赤やコオロギ、ミルワームがオススメです。ただし、ドワーフスネークヘッドに生き餌ばかりを与えていると人工飼料を食べなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

混泳はできる?

ドワーフスネークヘッドは基本的に混泳させることはできません。

ドワーフスネークヘッドを含むスネークヘッドは縄張り意識を持っており気性が荒いため、余程相性が良い混泳魚以外には攻撃をしかけてボロボロにしてしまいます。

もし混泳をさせる場合は必ず三匹以上で混泳させるようにしましょう。三匹以上で混泳させることで縄張りを保てなくなり縄張り意識が薄くなる傾向にあります。

ドワーフスネークヘッドの混泳に100%はありません。相性の良いといわれている魚を混泳させても失敗することもありますし、相性の悪いといわれてる魚を混泳させても成功することがあります。

混泳をチャレンジする時は混泳がうまくいかなかった時のために、セパレート(仕切り板)や隔離用の水槽を必ず用意しておきましょう。

【混泳魚】混泳難易度
アロワナ★★★
オスカー★★★
スネークヘッド★★★
ダトニオ★★★
淡水エイ★★★
プレコ★★
ポリプテルス★★

ドワーフスネーク水槽の立ち上げ方

1. 水槽・フィルター・ヒーターを設置する。

ドワーフスネークヘッドの飼育に必要な飼育用品(水槽・フィルター・ヒーター)を設置しましょう。

レイアウト(底砂・水草・流木)がある場合はこのタイミングで導入してください。

2. 水槽にカルキを抜いた水を入れる。

水槽にカルキ抜きを使用した水を入れましょう。市販のバクテリア材を使用する場合はこのタイミングで使用してください。

3. 飼育水を循環させて水質を安定させる。

フィルターの電源を付け、生体を入れずに水を2-3日循環させましょう。既に生体を購入してしまっている場合は次のステップ(生体導入)へ進みましょう。

4. ドワーフスネークヘッドを水槽へ導入する。

水質が安定したらドワーフスネークヘッドを水槽に導入しましょう。ドワーフスネークヘッドを水槽へ導入する時は必ず水合わせを行うようにしてください。

5. 水質が安定するには約1ヵ月かかる。

生体を水槽に導入する前に数日水を循環させることによって水質が安定しますが、たった数日では水槽内に発生する有害物質を分解するバクテリアが繁殖していません。

水槽を立ち上げてからバクテリアが十分に繁殖するには約1ヵ月かかります。

バクテリアが繁殖し水質が安定するまでは水質が変化・悪化しやすくなっていますので、飼育する個体数を増やしすぎたりエサの食べ残しがでないように注意してください。

ドワーフスネークヘッド飼育【まとめ】

全長20cm
寿命5-10年
水温/PH24-26℃/6.5-7.5
遊泳層底層-中層
飼育難易度★★★★★
繁殖難易度★★★★
混泳難易度★★★★★
推奨水槽サイズ60cm規格水槽

ドワーフスネークヘッドは水質の悪化にも強くて簡単に飼育できるからアクアリウム初心者の方にもオススメだよ。

スネークヘッドの飼い方|種類・値段・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品は?
スネークヘッドは日本にも生息しており「雷魚(ライギョ)」と呼ばれています。日本には地味な色のスネークヘッドしか生息していませんが世...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
熱帯魚|淡水魚
Petrear