新しい "家族" との出会いを応援します。

ダトニオの飼い方|値段・種類・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品は?

熱帯魚|淡水魚

ダトニオは美しいバンド模様から人気の高い肉食性の熱帯魚です。このバンド模様は、その個体が持つ遺伝子情報によって決まりますが飼育環境によっても大きく変わります。

この記事では、ダトニオの値段・種類・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品から水槽の立ち上げ方まで、ダトニオに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

ダトニオってどんな魚?

ダトニオの全長
30-60cm

ダトニオは黄色い体に入る黒色のバンド模様が特徴的であり、その模様がトラのように見えることから別名「タイガーフィッシュ」ともいいます。

ダトニオの体色とバンド模様には個体差があり、同じ種類のダトニオでも体色とバンド模様には大きな差があります。

また、ダトニオは成長速度が非常に遅いことでも有名な熱帯魚であり、ダトニオの稚魚(6cm程)が一年の期間をかけて15-20cm程に成長します。

ダトニオの寿命は?

ダトニオの寿命
10-15年

ダトニオの寿命は約10-15年です。飼育する環境と個体によっては20年以上生きる場合もあります。

ダトニオの値段は?

ダトニオの値段
800-100,000円

ダトニオの値段は約800-10万円です。

ダトニオの値段は種類と個体によって大きく異なります。メジャーなダトニオである「ダトニオプラスワン」は800-2000円程で購入することができますが、希少性の高いダトニオである「シャムタイガー」は5-10万円と非常に高価です。

ダトニオはバンド模様が美しい個体ほど値段が上がり、体の模様が左右対称の個体は「リアルバンド」といい人気が高く値段も高くなります。また、ダトニオは成長速度がとても遅い魚なので体が大きくなるほど値段も上昇します。

ダトニオの選び方は?

ダトニオを購入するときは、以下の条件に近い個体を選びましょう。

  • 痩せていない
  • 体が大きい
  • 体が黒ずんでいない
  • バンド模様がハッキリしている

痩せている個体は好き嫌いが激しく与えられているエサを食べていなかったり病気を患っている可能性があるので選ばないようにしましょう。

ダトニオを選ぶ上で最も重要なのはダトニオの特徴であり魅力でもあるバンド模様です。ダトニオは成魚になっても稚魚の時と同じバンド模様に必ずなるわけではありませんが、バンド模様が美しい稚魚は成魚になっても美しいバンド模様が出やすい傾向があります。

  • バンド模様が途中で途切れてない
  • バンド模様と黄色い体色にメリハリがある
  • 体全体が黒ずんでいない(黒化してない)
  • バンド模様が左右対称に近い(リアルバンド)

上記の条件にマッチした個体ほど美しく将来性が高いとされていますが、このような個体は値段が通常よりも高く販売されている可能性が高いでしょう。

ダトニオの種類は?

メコン・タイガー(フォーバー・タイガー)

メコン・タイガーの全長
30cm

メコン・タイガーはダトニオの中で最も小さい最小種のダトニオであり、他の種類のダトニオよりも体色が黒くなる「黒化」が起こりにくい傾向があります。

メニーバー・タイガー(シックスバンドタイガー)

メニーバー・タイガーの全長
30cm

メニ―バー・タイガーは他種のダトニオとは違い黄色い体色ではなく珍しい銀色の体色を持っています。

ボルネオ・タイガー(ダトニオ・プラスワン)

ボルネオ・タイガーの全長
40cm

ボルネオ・タイガーは日本で流通してるダトニオの中でもっともメジャーなダトニオです。

ダトニオのバンド模様は通常六本入っていますがボルネオ・タイガーのバンド模様は七本あり、通常よりも一本多いことから日本では「ダトニオ・プラスワン」とよばれています。また、別名スマトラ・タイガーともいいます。

ニューギニア・ダトニオ(ニューギニア・タイガー)

ニューギニア・ダトニオの全長
40cm

ニューギニア・ダトニオは他の種類のダトニオよりも黒いバンドが占める割合が多く、体全体に出る黒い斑点模様が特徴的です。

また、ニューギニア・ダトニオは淡水域と汽水域、両方に適応することができます。

シャム・タイガー(カンボジア・タイガー)

シャム・タイガー全長
60cm

シャム・タイガーはダトニオの中で最も大型に成長するダトニオであり、別名「本ダトニオ」とも呼ばれています。

シャム・タイガーは非常に大型に成長することから人気がとても高く、アクアリストからは「ダトニオの王様」といわれることも。バンドが美しく大型化したシャム・タイガーは30-100万円以上の値段がつくこともあります。

ダトニオの飼い方

ダトニオの飼育に必要な飼育用品
  • 水槽
  • フィルター(濾過器)
  • ライト
  • ヒーター
  • カルキ抜き
  • 餌(エサ)

飼育に必要な水槽の大きさは?

ダトニオの飼育に必要な水槽はダトニオの種類にとって変わります。ダトニオは成長速度が非常に遅いので稚魚、幼魚から飼育する場合は60㎝規格水槽で長期的に飼育することができます。

【種類別】ダトニオの飼育に必要な水槽サイズ
メコン・タイガー(フォーバータイガー)60cmワイド水槽
メニーバー・タイガー(シックスバンドタイガー)
ボルネオ・タイガー(ダトニオ・プラスワン)90cm規格水槽
ニューギニア・ダトニオ(ニューギニア・タイガー)
シャム・タイガー(カンボジア・タイガー)150x60x60cm
【規格・ワイド・キューブ】水槽のサイズ(大きさ)一覧|水量・値段の相場は?
アクアリウムに使用する水槽には、規格水槽・ワイド水槽・キューブ水槽・特注水槽の四種類に分類することができ、各水槽によって形や値段が異なります...

フィルター(濾過器)は何を使う?

ダトニオの飼育には上部式フィルターの使用がオススメです。複数飼育や混泳を考えている場合は上部式フィルターだけでは濾過不足になってしまいますのでサブフィルターを追加するか、濾過能力が高い外部式フィルターやオーバーフロー式を使用しましょう。

【濾過器】水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットは?
フィルター(濾過器)は水槽内の水を透明に保つためには必要不可欠な飼育用品であり、フィルターの種類によって濾過性能にも大きな違いがあります。 ...

水温・水質管理

ダトニオに適した水質
  • 水温 26-28℃
  • PH 6.5-7.5

水質はダトニオに適した水温26-28℃、PH6.5-7.5を保ちましょう。

ダトニオは水温が高いほど活性・代謝が上がり成長速度を早める効果があるので高水温での飼育が適しています。

30℃程の水温でも飼育できますが、高すぎる水温は水中の酸素濃度が下がり酸欠を起こしやすくなりますのでエアレーションを追加する等の対策が必要になります。

ダトニオは水質が合っていないと体色が薄くなってしまったり黒化しやすくなるのでダトニオ適した水質を保つことが大切です。

【PH調節/管理】水槽のPH(ペーハー)を上げる(下げる)方法は?
淡水魚・汽水魚・海水魚にとって水質(PH)は人間でいう空気と同じであり、魚の飼育を飼育するということは「PHを管理すること」と言っても過言で...

餌(エサ)は何をあげる?

ダトニオには人工飼料をメインに与え金魚やエビ等の生き餌は副食として与えましょう。

ダトニオは生き餌が大好物ですが生き餌ばかりを与えていると人工飼料に餌付けすることが難しくなってしまいます。

人工飼料を食べずに成魚になったダトニオに人工飼料を餌付けすることは限りなく難しいのでダトニオが稚魚のうちから人工飼料に慣れさせておきましょう。

ダトニオは個体によっては好き嫌いが激しいですがクリル(乾燥エビ)だけは食べてくれる個体も多いのでクリルに人工飼料を挟んで与えるような餌付け方法もあります。

混泳はできる?

ダトニオは他に混泳魚がいると水槽の隅でじっと身構えているような臆病な個体が多いので簡単に混泳させることができます。稀に縄張り意識が強いダトニオが存在しますが、基本的には問題が起きにくいでしょう。

ダトニオは混泳魚がいることでダトニオにストレスが適度に掛かり、バンド模様にメリハリがでやすい言われているので混泳を行うことで美しいダトニオになっていくでしょう。

【混泳魚】混泳難易度
アロワナ★★
オスカー★★★
スネークヘッド★★★
ダトニオ★★
淡水エイ★★
プレコ★★
ポリプテルス★★

ダトニオ水槽の立ち上げ方

1. 水槽・フィルター・ヒーターを設置する。

ダトニオの飼育に必要な飼育用品(水槽・フィルター・ヒーター)を設置しましょう。

レイアウト(底砂・水草・流木)がある場合はこのタイミングで導入してください。

2. 水槽にカルキを抜いた水を入れる。

水槽にカルキ抜きを使用した水を入れましょう。市販のバクテリア材を使用する場合はこのタイミングで使用してください。

3. 飼育水を循環させて水質を安定させる。

フィルターの電源を付け、生体を入れずに水を2-3日循環させましょう。既に生体を購入してしまっている場合は次のステップ(生体導入)へ進みましょう。

4. ダトニオを水槽へ導入する。

水質が安定したダトニオを水槽に導入しましょう。ダトニオを水槽へ導入する時は必ず水合わせを行うようにしてください。

5. 水質が安定するには約1ヵ月かかる。

生体を水槽に導入する前に数日水を循環させることによって水質が安定しますが、たった数日では水槽内に発生する有害物質を分解するバクテリアが繁殖していません。

水槽を立ち上げてからバクテリアが十分に繁殖するには約1ヵ月かかります。

バクテリアが繁殖し水質が安定するまでは水質が変化・悪化しやすくなっていますので、飼育する個体数を増やしすぎたりエサの食べ残しがでないように注意してください。

ダトニオ飼育【まとめ】

全長30-60cm
寿命10-15年
水温/PH26-28℃/6.5-7.5
遊泳層中層
飼育難易度★★★★★
繁殖難易度★★★★★
混泳難易度★★★★★
推奨水槽サイズ60cm水槽-150cm水槽

ダトニオは飼育する環境によってバンド模様の出方に違いが出てきますので個体にあった環境で飼育してあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
熱帯魚|淡水魚
Petrear