オスカーの飼い方|値段・種類・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品は?

肉食魚であるオスカーは縄張り意識が非常に強く攻撃的な一面を持っていますが、人間にとても懐きやすく飼育が簡単なことから肉食魚の入門種として幅広い層に人気があります。

この記事では、オスカーの値段・種類・寿命・混泳・飼育に必要な飼育用品から水槽の立ち上げ方まで、オスカーに関する情報をご紹介します。

スポンサーリンク

オスカーってどんな魚?

オスカーの全長
25-30cm

特徴

オスカーは尾ビレに繋がるように長く大きい背ビレと尻ビレが特徴的です。

アメリカン・シクリッドの一種であるオスカーは縄張り意識が非常に強いため、混泳をさせると問題を起こしやすいトラブルメーカーですが、人間に対して攻撃することは殆どありません。

オスカーは熱帯魚の中で最も懐きやすいといっても過言ではなく人の手から直接エサをあげることもでき、中には人の腕に体に擦りつけて甘えてくるような個体も存在します。

全長

オスカーはブリード(人工繁殖)個体よりもワイルド(自然採取)個体の方が大型に成長しやすい傾向にあり、自然下では最大で全長45cmの大型個体が確認されています。

しかし、飼育下では40cm以上に成長することはなく約25-30cmで成長が止まる傾向にあります。

別名

オスカーは別名「アストロノータス・オケラートゥス」ともいいます。

オスカーの寿命は?

オスカーの寿命
10-15年

オスカーの寿命は約10-15年です。

オスカーは約10前後で寿命を向かえてしまう個体が多い傾向にありますが、個体の健康状態や飼育している環境によっては20年以上生きる個体も存在します。

オスカーの値段は?

オスカーの値段
500-3000円

オスカーの値段は約500-3000円で購入することができます。

オスカーはブリード(人工繁殖)個体が多く流通しているため、比較的安価で購入することができますが、ワイルド(自然採取)個体はブリード個体よりも数倍から数十倍値段が高くなります。

オスカーの種類は?

オスカーは肉食魚の入門種として非常に人気が高く、世界中で品種改良が盛んに行われており、種類によって体色や模様、各ヒレの長さ、顔付きには大きな違いがあります。

タイガーオスカー

タイガーオスカーの特徴
  • 黒色と灰色が混ざった体色
  • 赤色のタイガー柄の模様

タイガーオスカーは赤色とオレンジ色が混ざったようなタイガー柄の斑点模様が特徴的です。

タイガーオスカーの模様には個体による差があります。幼魚の時期は赤色の模様が体全体を覆っている個体が多い傾向にありますが、成魚になるにつれて模様の形状や量が変化します。

レオパードタイガーオスカー

レオパードタイガーオスカーの特徴
  • 黒色と灰色が混ざった体色
  • 赤色のレオパード柄の模様

レオパードタイガーオスカーは赤色とオレンジ色が混ざったようなレオパード模様が特徴的です。

レオパードタイガーオスカーの模様は個体によって模様には大きな差があり、模様が繋がっている個体から模様が斑点のように出ている個体まで様々です。

アルビノオスカー

アルビノオスカーの特徴
  • 白色の体色と赤色の眼球
  • オレンジ色の斑点柄の模様

アルビノオスカーは白色の体色と不規則に入るオレンジ色の斑点模様が特徴的です。

アルビノオスカーの体に入る斑点模様は個体によって大きな差があり、斑点模様が極少量の個体から体全体を覆うように大量の斑点模様を持った個体まで様々です。

アルビノタイガーオスカー

アルビノタイガーオスカーの特徴
  • 白色の体色と赤色の眼球
  • 赤色のタイガー柄の模様

アルビノタイガーオスカーは白色の体色と赤色の眼球、タイガー柄の斑点模様が特徴的です。

アルビノタイガーオスカーの模様には個体による差があり、模様がタイガー柄になっている個体から斑点模様が一つの場所に密集して大きな一つの模様になっている個体まで様々です。

ワイルドオスカー

ワイルドオスカーの特徴
  • バリエーション豊富な体色と模様

ワイルドオスカーは原産地によって体色や模様には違いがあり、顔付きや性格も異なります。

ワイルドオスカーは品種改良されたオスカーに比べて寿命が長く体も大きく成長しますが、縄張り意識が強く攻撃的な個体が多い傾向にあるので混泳の際には特に注意が必要です。

オスカーの飼い方と注意点は?

オスカーの飼育に必要な飼育用品
  • 水槽
  • フィルター(濾過器)
  • ライト
  • ヒーター
  • カルキ抜き
  • 餌(エサ)

飼育に必要な水槽の大きさは?

オスカーの飼育には最低でも60cm規格水槽が必要になります。

オスカーは自然下では40cm以上に成長する大型魚ですが、飼育下では約25-30cmで成長が止まってしまう個体が多い傾向にあるため比較的小さな水槽で飼育することができますが、ワイルド個体はブリード個体よりも大型に成長しやすいため、ワイルド個体には60cmワイド水槽が必要です。

また、オスカーを60cm水槽で飼育する場合は単独飼育が基本です。幼魚の間は複数飼育することも可能ですが、成魚になったオスカーを複数飼育する場合は90cm以上の水槽が必要になります。

【規格・ワイド・キューブ】水槽のサイズ(大きさ)一覧|水量・値段の相場は?
アクアリウムに使用する水槽には、規格水槽・ワイド水槽・キューブ水槽・特注水槽の四種類に分類することができ、各水槽によって形や値段が...

フィルター(濾過器)は何を使う?

オスカーを単独飼育する場合は上部式フィルターを使用し、複数飼育や混泳を考えている場合は濾過能力の高い外部式フィルターやオーバーフロー式を使用しましょう。

オスカーは食べるエサの量が非常に多く水を汚してしまいやすいため、濾過能力の低いフィルターを使用しているとすぐに濾過不足になってしまいます。

【濾過器】水槽のフィルター全種類|メリットとデメリットは?
フィルター(濾過器)は水槽内の水を透明に保つためには必要不可欠な飼育用品であり、フィルターの種類によって濾過性能にも大きな違いがあ...

底砂と水草

オスカーの飼育は水を汚しやすいため、底砂や水草を一切使用しないベアタンクでの飼育が一般的ですが、拘りがあって底砂を使用したい場合は砂粒が細かい底砂を使うようにしてください。

オスカーはエサを食べる量が多く排泄物の量も多いため、底砂の粒が大きいと砂と砂の間に食べ残したエサや排泄物が入り込んでしまい、底砂に雑菌や有害物質が溜まりやすくなってしまいます。

砂が細かい底砂を使用することによって底砂の表面に排泄物が溜まるため掃除も簡単にできます。

また、60cm以下の水槽でオスカーを飼育する場合は底砂や水草を使用しても特に問題はありませんが、90cm以上の大型水槽で底砂や水草を使用してしまうと掃除が大変になります。

水温・水質管理

オスカーに適した水質
  • 水温 25-28℃
  • PH 6.5-7.5

水質はオスカーに適切な水温25-28℃、PH6.5-7.5(弱酸性-中性)を保ちましょう。

オスカーは水温が20℃以上であれば生存することができますが、低水温で飼育すると活性が落ちてエサ喰いが悪くなり免疫力が低下して病気にかかりやすくなりますので適正水温を保ちましょう。

【PH調節/管理】水槽のPH(ペーハー)を上げる(下げる)方法は?
淡水魚・汽水魚・海水魚にとって水質(PH)は人間でいう空気と同じであり、魚の飼育を飼育するということは「PHを管理すること」と言っ...

エサは何をあげる?

オスカーは主食に人工飼料を与え、副食には金魚やコオロギ等の生き餌を与えましょう。

オスカーは好き嫌いなく何でも食べてくれる個体が多い傾向にあり、餌付けをしていなくても人工飼料をパクっと食べてくれるので餌付けに関しては手間がかかりません。

エサを与える頻度と量

オスカーにエサを与える頻度は1日1-2回、約2-3分で残さずに食べきれる量を与えてください。

オスカーはエサを食べる量が非常に多く満腹になるまでエサを与え続けていると消化不良を起こしてしまう場合もあるため、エサを与えすぎないように注意してください。

混泳はできる?

オスカーは縄張り意識がとても強いため基本的には単独飼育になりますが、相性の良い混泳魚を選ぶことによって混泳させることも可能です。

オスカーと混泳させる魚はポリプテルス淡水エイ等の遊泳層が違い大人しい品種を選ぶことで混泳が成功しやすいですが、アイスポットシクリッドスネークヘッド等の縄張り意識が強い魚と混泳させてしまうと余程相性が良い個体同士を除いて高確率で縄張り争いが発生してしまいます。

また、オスカーを混泳させる場合は必ず3匹以上で飼育するようにしてください。3匹以上で飼育することによって縄張りを保つことが難しくなり、結果的に縄張り意識が薄れる効果があります。

混泳魚・相性表

【混泳魚】混泳難易度
アロワナ★★
オスカー★★
スネークヘッド★★★
ダトニオ★★
淡水エイ★★
プレコ★★
ポリプテルス★★

混泳が失敗した時のために

熱帯魚の混泳は100%成功するといった事はありません。温厚で攻撃性の無い個体同士を混泳させた場合でも、その中で強弱が生まれてしまい喧嘩やいじめが発生してしまう可能性があります。

そのため、混泳が上手くいかなかった時に隔離用の水槽やセパレートを用意しておきましょう。

オスカー水槽の立ち上げ方は?

1. 水槽・フィルター・ヒーターを設置する。

飼育に必要な飼育用品(水槽・フィルター・ヒーター)を設置しましょう。

レイアウト(底砂・水草・流木)がある場合はこのタイミングで導入してください。

2. 水槽にカルキを抜いた水を入れる。

水槽にカルキ抜きを使用した水を入れましょう。

市販のバクテリア材を使用する場合はこのタイミングで使用してください。

3. 飼育水を循環させて水質を安定させる。

フィルターの電源を付け、生体を入れずに水を2-3日循環させましょう。

既に生体を購入してしまっている場合は次のステップ(生体導入)へ進みましょう。

4. オスカーを水槽へ導入する。

水質が安定したらオスカーを水槽に導入しましょう。

水槽へ導入する時は必ず水合わせを行うようにしてください。

5. 水質が安定するには約1ヵ月かかる。

生体を水槽に導入する前に数日水を循環させることによって水質が安定しますが、たった数日では水槽内に発生する有害物質を分解するバクテリアが繁殖していません。

水槽を立ち上げてからバクテリアが十分に繁殖するには約1ヵ月かかります。

バクテリアが繁殖し水質が安定するまでは水質が変化・悪化しやすくなっていますので、飼育する個体数を増やしすぎたりエサの食べ残しがでないように注意してください。

オスカー飼育【まとめ】

全長25-30cm
寿命10-15年/最長20年
水温/PH25-28℃/6.5-7.5
遊泳層中層
飼育難易度★★★★★
繁殖難易度★★★★
混泳難易度★★★★

オスカーは比較的小さな水槽でも飼育することが可能であり、幅広い水質にも適応することができるため、初めて熱帯魚や肉食魚を飼育する初心者の方にもオススメな品種です。

オスカーは適した環境で飼育することによって寿命は10年以上と長く生きることができますが、オスカーは原産地によって適切な水質に違いがあるので個体に合った環境で飼育してあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が役に立ったら
いいね & シェアしよう!
最新情報をお届けします。
熱帯魚|淡水魚
Petrear